Pocket
LINEで送る

月額たった500円からの料金でLINEのメッセージ・通話が使い放題になる格安回線「LINEモバイル」の申し込みを実際にやってみた手順を画像付きで詳しく解説します。

これからLINEモバイルを申し込もうと考えている方で契約前の準備・契約後の使い方の流れなどを事前に勉強しておきたいという場合の参考にどうぞ。

a-4「モバイルびより」でイメージキャラクターを務める「ビジネコ」のLINEスタンプ販売中です!LINEモバイルならビジネコスタンプを送り放題(カウントフリー利用時)ですよ!

☆「http://line.me/S/sticker/1090539

公式ページから申し込み

さて、あからさまなスタンプ広告はこれくらいにしまして、真面目にLINEモバイルの申込手順を解説していきます。

申し込みページはこちら → 「LINEモバイル

では、上記の申し込みページでの実際の操作手順、入力項目をチェックしてきましょう(2016年9月5日時点の申込方法となります)。

*画像をクリックすると大きくなります。

ホームページを開き、一番下にある「申し込み」をクリックして手続きを開始します。

line0事前準備として「本人確認書類(運転免許証など)」+「クレジットカード」+「メールアドレス」(+MNP予約番号)が必須です。(現時点ではデビットカード・口座振替・コンビニ払いなどは不可)。

line1

LINEモバイルは18歳未満の申し込みは出来ません(20歳未満は親権者の同意が必要)。各種注意事項を読んでから、一番下「上記事項に同意のうえ申し込み」をクリックします。
line2

表示された画面で「スマホ本体(端末)とSIMのセット」、または「SIMカードのみ」の選択を行います。申し込みたい方の画像をクリックして選びます。
line3

契約するサービスプラン(LINEフリー/コミュニケーションフリー)と、コース(3GB-10GBまでのデータ通信量)およびSMSのオプションなどを選びます。音声プランの場合は「1年間の最低利用期間」があるので注意して下さい。
line4

続いてSIMサイズの形状を選びます(iPhoneの場合は「ナノSIM」を選んで下さい)。SIMサイズは後から自由に変更出来ません(手続きは有料)ので、慎重に選んでください。SIM形状選択の下に初期費用・選んだプランの月額料金目安が表示されるので確認してから、一番下にある「次へ進む」をクリックしましょう。
line5

ここからは契約者の情報を入力していきます。名前や住所、連絡先・メアドなどを正確に入力して下さい。ミスがあると申し込みが出来ない・再度申し込みが必要になることもあります。
line6

個人情報を入力した後、契約内容の確認方法を指定・「利用規約について同意する」の4点チェックを入れます。その後、「次へ進む(メールアドレス確認)」をクリックます。
line7

ステップ7まで進むと、ここで一旦メールでの認証が行われます。直後にステップ6-7で入力したアドレスに「本人確認書類アップロードのおねがい」というタイトルでメールが来ます。
line8

メール内に記載された「本人確認書類アップロードURL」をクリックし、ブラウザに戻ります。このURLの有効期間は24時間なので、その間に手続きを行って下さい。
line9

本人確認に使える書類一覧と、それぞれの注意事項が表示されますので、どの書類を使うか決めましょう。その後、指定された情報が写っている写真・スキャンデータを画面の一番下にある「+ファイルのアップロード」という場所をクリックし、ファイルを転送します。
line10画面にファイル画像が表示されたら、下の「進む」をクリックします。

続いて料金の支払方法を選択します。選べる方法は「クレジットカード」か「LINE PAY」の2択です。クレカを持っていない場合は利用できないので注意して下さい。
「支払方法を選択する>」をクリックすると、ポップアップ画面が開きます。
line11

支払いをするクレジットカード情報を入力します。
line12-3LINE PAYを選ぶ場合は、既存のアカウントへログインが求められます。

line12-2

支払い方法を入力し終わったら、今後LINEモバイルで利用するIDの登録を行います。この情報は忘れないようにメモをとっておきましょう。IDとパスワードを入力してから、「次へ進む」をクリックします。
line13

いよいよ申し込みの最終段階です。ここまでのステップで選択したプラン・入力した情報が表示されますので、確認しましょう。間違いがなければ一番下の「申し込む」をクリックします。
line14

 

 

申し込みの操作は以上で終了です。最終ステップで「申し込み」を行った直後に「お申し込み受付完了のご連絡」という自動メッセージが送られてきますので、あとは待つだけです。



申し込み審査の完了まで

今回管理人が申し込みをしたのは先行提供の受付が始まった9月5日15時頃のことでした。その後、翌日6日の夕方に「商品発送のお知らせ」というメールが届きました。データ通信専用SIMの申し込みだったからかもしれませんが、非常に早い審査・SIMカードの発送です。

SIMカードはヤマト宅急便の「コンパクト宅急便」で発送されており、時間指定はされていませんでした。管理人のケースでは、申込日を含めて3日後に開通出来る計算となります。音声SIMの場合は審査を含めて1週間程度掛かることもあるでしょう(公式の表記は「数日程度」と曖昧です)。

SIMパッケージの到着

linemo2パッケージは紙の入れ物に入れられて届きます。宅急便なのでポストへの投函ではなく手渡しとなります。中にはSIMカードが入った白いパッケージと、緑色の簡素な説明書(それと注文書)が入っています。

linemo4

SIMカードの台紙は真っ白。注文時に選んだサイズに間違いがないか確認して下さい。

linemo3

台紙の裏側には電話番号が書かれています。あとはSIMを切り取り、スマートフォンの設定を行えばすぐにネット利用が出来るようになります。

SIMの設定(iPhone/Android)

LINEモバイルを利用するためには受け取ったSIMカード挿入してスマートフォン内で「APN(アクセスポイントネーム)」の設定を行う必要があります。この方法は機種ごとに異なりますが、設定方法は「Androidスマホ・タブレット」と「iPhone」の2種類でやり方が異なります。

Android機種の場合に入力する情報は以下のとおりです。

入力項目
APN line.me
ID(ユーザ名) line@line
Password line
PPP認証設定 PAPまたはCHAP

iPhoneの場合はSafariブラウザで「http://mobile.line.me/apn/line.mobileconfig」にアクセスし、APNをダウンロード・インストールして下さい(Wi-Fiや他のネット回線で接続する必要があります)。

IMG_0905もし別のAPNがインストールされている場合は、一度古いAPNファイルを削除してからインストールしてください。「設定」→「一般」→「プロファイル」と進むと設定画面が表示されます。

IMG_0904LINEモバイルでは、特定のアプリ(ネットーワーク)への接続を判別してLINE(コミュニケーションフリープランの場合はTwitter,Facebook)のデータ通信を取得し、データ通信量をカウントしないというシステムを採用しています。そのため、APNの設定画面でトラフィックが監視される場合があるとの注意事項が出ます。ここはもうLINEを信用するしか・・・信用できないのなら、別の格安SIMはいくらでもあるのでそちらを選びましょう。

ショップ名取り扱いサービスおすすめポイント
LINEモバイルdocomo,SB,au系LINEやツイッターを速度制限無しで使えるプランが特徴.2019年3キャリア対応
楽天モバイルdocomo,au系2019年10月,MNOへ移行します
OCN モバイル ONEdocomo系MVNOの現覇者。グループサイトでのセット安売りが強力
BIGLOBE Mobiledocomo,au系2017.10,auプランもスタート
IIJmiodocomo,au系サポート力が高く、みおふぉんが人気の最大手の一つ。au回線にも対応。
TSUTAYAのTONEdocomo系ツタヤが運営する格安スマホです。オリジナルの端末があります
UQ mobileau系KDDI傘下のMVNO。混雑時間帯でも常に安定した速度は圧倒的。SIMカードのみ契約でもキャッシュバックあり
GMOとくとくBB SIMdocomo系1回線あたり50円相当のポイントが毎月貰える、実質的安さが魅力
nuro mobiledocomo系SIMフリーのXperiaが買えるソニー系MVNO
イオンモバイルdocomo・au系シェアプランが安い、「イオン」の格安スマホサービス.au回線も2018年からスタート
DTI SIMdocomo系公式サイトの「胡散臭さ」ならNo.1!新規向けキャンペーンが豊富
LinksMatedocomo系珍しい各種ゲームアプリのカウントフリーがあるSIMサービス
b-mobiledocomo,SB系数少ないソフトバンク回線のSIMを扱う
LIBMO(リブモ)docomo系TOKAIのTLCポイントが貰える
インターリンクdocomo系固定IPアドレスが付いた専用データSIMが特徴
H.I.S.モバイルdocomo・SB系海外で使える「変なSIM」がある

LINEモバイルを利用すると、スマートフォンだけでなくモバイルルーター経由・スマホテザリング経由でLINEアプリを使用してもデータ容量を減らさずに楽しむことが可能となります。

LINEモバイルの正式サービス販売開始は2016年10月1日以降であり、現在は20,000件の先行申し込み期間です。そのためか、9月7日夕方時点ではLINEモバイルはダウンロード・アップロードともに非常に高速で通信が行えており、快適です(ダウンロード速度30~40Mbps)。問題はこの快適さをいつまで保つことが出来るのかというところですが、LINEやSNSサービスをメインにスマホデータ通信を行う人にとっては唯一無二のMVNOになるはずなので、契約を検討してみる価値はあるでしょう。


格安スマホ LINEモバイルの申し込み方法・審査日数・使い方まとめ
Pocket
LINEで送る