Pocket
LINEで送る

2018年冬モデルとして発売されたGoogle Pixel 3およびPixel 3 XLのドコモモデルが安く買えるのは2019年3月31日まで限定となりました(iPhone 8, iPhone XS/XS Max, XRなども尽くセール終了となります→[docomo 2019年3月31日端末購入サポート除外リスト])。

2019年3月1日からドコモではPixel 3の機種変更価格を通常定価98,496円のところ、一括値引きによって66,096円引きを適用し、さらにウェブ手続き限定値引きとして5,184円を差し引き、一括2.7万円へ値下げしていました。

しかし、この一括値引きは年度末シーズン限定だったようで、2019年4月1日以降は通常の月々サポートへ戻り、機種購入時に分割せずに買うと一括9.3万円の支払いが生じるように変更されることが判明しています(分割支払いにして月額割引を24ヶ月維持した場合の実質負担額は変更されません)。

対象モデル 3月31日までの価格 4月1日以降の価格
Pixel 3(64GB)
(定価9.8万円)
購入時に71,280円引き
一括27,216円
購入時に5,184円引き
購入時負担93,312円
(月々2754円×24回引き)
Pixel 3 XL (128GB)
(定価13万円)
購入時に71,280円引き
一括60,264円
購入時に5,184円引き
購入時負担126,360円
(月々2754円×24回引き)

*2019年3月28日時点、各種税込み。「ドコモオンライン手続き」にて注文受け付けをした場合。

ドコモでは販売価格が高いモデルになると割賦販売における詳細審査が厳しくなり、年収が低い契約者では分割審査が通らなくなるケースが知られています。

関連記事:iPhoneXSの分割審査が通らない?年収が少ないと10万円以上のローン不可になる可能性

分割審査に問題なく通る人・支払い時に9万円・10万円の一括支払いでも特に問題がない場合は4月以降に機種購入をしても構いませんが、購入時負担を安くしたい・分割で残債が残った状態で使うのはイヤだというユーザーは、一括値引きが使える2019年3月31日までの注文を推奨します。

なお、事務手数料が無料になるウェブ手続きを使う場合は、4月1日以前にメンテナンスに入り、購入手続きが出来なくなる時間帯がありますので、新規・MNPでの購入希望時には遅くとも30日までに注文を完了させておきましょう。

Pixel 3で他社乗り換え+スマホデビューで激安運用する方法

ドコモでは「ウェルカムスマホ割」として、ケータイからスマホへ初めて買い替えを行うユーザーに対して値引き優遇をしています。

このウェルカムスマホ割はドコモのFOMAガラケーユーザーだけでなく、他社でケータイを使っている(ことを示すことが出来る)人であれば使うことが出来ます。Pixel 3はソフトバンクでも売られていますが、au回線でも利用可能(au VoLTE通話も可能)ですので、au・au系MVNOからの乗り換えをするなら、ドコモへ買い換えると激安維持でPixel 3を入手することも不可能ではありません。

詳細解説記事:ドコモガラケーからスマホ機種変優遇「ウェルカムスマホ割」適用方法やスマホデビュー時の維持費イメージ

auから3月31日までに乗り換え(ウェルカムスマホ割利用時)をすれば、以下のようなプランを組むことも出来ます。

ドコモPixel 3
MNP価格
月額負担(税抜)
Pixel 3 64GB本体 91200円のところ、
オンライン特典利用時

一括25,200円
(24分割なら1,050円/月)
基本料金 シンプルプラン
980円/月
ウェブ使用料 spモード
300円/月
パケット料金 シェアオプション
500円/月
購入時にガラケー提示
(適用方法はこちら)
ウェルカムスマホ割適用
△1500円/月 最大13ヶ月
月々の負担額 1年目:280円~
2年目:1,780円~
(機種代分割時は+1050円)

ドコモの一括値引き適用時は購入から12ヶ月(1日契約時は初月から、それ以外は翌月を1ヶ月目として)間の規定利用期間があり、短期解約・割引対象外プランへ変更すると割引解除料(Pixel3の場合33,048円)が発生しますが、最短13ヶ月目で解除料は発生しなくなります。

割引には2年定期契約が前提となっています。2年未満で解約する場合は短期解除料(9500円)が掛かるものの、13ヶ月を過ぎれば違約金覚悟で解約・転出しても、Pixel3をSIMフリーモデルで買うより断然安く獲得することが出来ます。

しかし、これが2019年4月1日以降の月々サポートに戻ってしまうと、”実質価格”の割引を全額受けるためには24ヶ月(2年)の回線維持が必須となり、端末購入サポート適用時よりも長く同じ機種を使い続けなくては同じメリットを受けることが出来ず、2年目にはウェルカムスマホ割も終わって維持費が上がってしまうことになります。

Pixel 3のカメラテスト・レビューはこちら

Pixel 3はカメラレンズは1つしかありませんが、Google独自の画像処理・AIによって画質の補正・超解像度を実現する最新モデルです。しかし、これはあくまで「2018年冬モデルとして」のポジションであり、2年後にはおそらくPixel 3よりももっと高機能・高画質なカメラを搭載したモデルがたくさん登場しているはずです。

Pixel 3は優れた機能性・デザイン性を誇る機種だと実際に購入して使っているいちユーザーとしても感じていますが、定価の10万円という価格ではややコスパ面には欠ける機種だとも評価しています。Pixel3を買って満足できるのは「安く買うチャンスがあるから」という要素が強いため、2019年4月1日以降に割引が終わってしまうと魅力が激減します。

Pixel 3を他社乗り換え・機種変更で買うのなら、絶対に3月31日までに手続きをしておくことをオススメします。

より詳しいPixel3の実機購入レポート・評価は以下のページに記載しています。

☆「[レビュー]ドコモPixel3 Google謹製ハイエンドスマホは他社と何が違うのか?実機使用評価

Pixel 3の事務手数料無料機種変更方法は下記を参照ください。

ドコモPixel3の端末購入サポート3月終了 MNP+スマホデビュー割の強力値引き激安運用もラストチャンス
Pocket
LINEで送る

Tagged on: