Pocket
LINEで送る

NTTドコモは2019年4月15日、従来の3G・FOMAガラケー等の契約時に普及していた古いFOMAプランの新規受付終了日をアナウンスしました。

ドコモでは2020年代のどこかでFOMAサービス自体を終了(3G停波)することを予告しており、今回のFOMAプラン受付終了はそのための準備だと言えるでしょう。

ドコモの携帯電話向けプランは、2019年6月1日に新しいプラン「ケータイプラン」へ移行します。これから新しいガラケーをドコモで購入(機種変更)してプランを選ぶ場合には、FOMAプランは選べなくなります(すでにFOMA用の携帯電話自体がドコモショップではほぼ販売されていません。オンラインショップにはずいぶん前から一切在庫はありません)。

関連記事:「ドコモ2019年新プラン登場でガラケープランは安くなるのか解説 FOMAユーザーにも影響あり

ドコモの新プラン(月額1200円~)を選ぶ場合には、FOMAプランをもともと選ぶことは出来ないため関係のない話ではありますが、何らかの理由でFOMA専用携帯電話を持ち込み契約したい場合、今回発表された受付終了前に手続きを済ませる必要があります。

一部を除くFOMA音声プランは2019年9月30日で終了

FOMA用の携帯電話本体はすでにドコモの公式サイトでは購入できなくなっていますが、FOMA料金プラン自体の契約は2019年4月時点でもまだショップで受付をしています。

これらのうち、「カケホーダイ&パケあえる」系以外の、すべてのFOMA音声プランが2019年9月30日を以って新規受付を終了します。

以下のサービスなどは、2019年9月30日(月曜)をもって新規受付を終了します。
「カケホーダイ&パケあえる」以外のFOMA音声プランおよび割引サービス(2in1を含む)

「カケホーダイ&パケあえる」は、2014年から提供されているスマートフォン・ケータイ等で利用できるプランで、カケホーダイ&パケあえる自体はFOMAプランよりも先に、2019年5月31日で受付を終了します。

2019年9月末で契約できなくなるプランとしては、「バリュープラン」「ベーシックプラン」といった、基本料金に無料通話分が含まれた、古くからドコモガラケーを使ってきたユーザーには馴染み深いプランのはずです。

この中で特に「タイプSSバリュー」は、2年定期契約をすることで適用出来る”ひとりでも割50”を使うと、基本料金が半額の932円~になったり、無料通話分が無い最安プランの「タイプシンプルバリュー」が月額743円~になるという安さから、昔よく使っていた・今でも使い続けているユーザーも少なくないでしょう。

ドコモが2019年6月からスタートさせる新プランでは基本料金が月額1,200円~(ネット使用料込み、100MBデータ容量込み、機種代含まず)という、比較的他社通常ガラケープランに比べても安いものの、”通話の待受メイン”のユーザーにとって、タイプシンプルバリューのほうが魅力的に感じる人もいるでしょう。

2019年9月30日までにFOMA音声プランを契約したユーザーは、おそらくFOMAサービス終了・3Gサービス終了まで利用が出来る見込みです(ただし、ドコモはすでにFOMA専用携帯電話機種の生産を行っておらず、修理受け付けもほとんど打ち切られているため、故障した時点で直せなくなる可能性もあり)。どうしてもFOMAプランで使える回線を作っておきたいユーザーは、受付終了前に契約をしておきましょう。

☆「ドコモのガラケー機種変更 2019年4月時点で買える機種・価格一覧

iモードも受付終了

NTTドコモでは2019年9月30日にFOMA音声プランの受付終了をするのと同時に、iモードへの新規加入も打ち切ります。

最新のドコモガラケーはiモードではなくスマートフォン等と同じ「spモード」によるウェブ接続が出来る機種にすべて切り替わっており、iモードサービスは利用できなくなってきています。

(上記はすべてドコモのXi対応ケータイ)

iモードのサービスもFOMAサービス/3Gサービスが続く限りは提供される見込みですが、iモードの個別コンテンツは徐々に提供を終了しているものがあり、2020年代半ばとされるFOMA終了日よりも先に、どんどんiモードの対応サービスが減っていくこと予想されます。

2019年4月時点ではまだ具体的にFOMA終了日は確定していません。今回打ち切られるのは「新しくFOMAプランで契約したいユーザーの申し込み/iモードの新規申し込み」となりますので、すでにドコモのガラケーでFOMAプランを使っているユーザーへの影響はありません。ただし、何らかの事情で現在の回線を解約・新プランへ変更したあとに、2019年10月以降はFOMAプランをもう一度契約するということが出来なくなりますので、FOMAプラン/FOMA回線の今後の利用をどうするのか、よく考えてプラン変更・機種変更をする必要があります。

なお、「FOMAデータプラン・ユビキタスプランおよび割引サービスなど」は2020年3月31日の新規受付終了予定がアナウンスされています。

ドコモケータイの実質0円販売も2019年5月31日で終了

2019年4月15日に発表された新しいドコモケータイ向けの料金「ケータイプラン」では、従来プランに比べて基本料金部分こそ値下げされていますが、これまで携帯電話機種を購入した場合に適用される大きな割引「月々サポート」が適用されなくなるという変更が含まれており、FOMAガラケーユーザーが最新のがラケーに切り替えるコストは、新プランになると割高になる可能性が出てきています。

新プランでは基本料金が月額1200円~というシンプルで分かりやすい料金になりますが、そこに機種代金が含まれません

一方、2019年5月31日まで契約できる現行のガラケー向けプランでは、5分間のかけ放題込み・2019年モデルのガラケー本体料金込みで月額1,580円~という低価格を実現出来ます(通話専用なら機種代込み1200円~も可能)。

プラン対比
(F→Xi機種変更時)
新プラン「ケータイプラン」
の最低構成
旧プラン(ウェブを使う場合)
の最低構成
基本プラン名/料金
(2年定期契約時)
ケータイプラン
1200円/月
シンプルプラン
980円/月
ウェブ使用料 (基本プランに含む) spモード 300円/月
パケットプラン (基本プランに100MB分を含む) ケータイパック
300円~4,200円
機種代金
1,175円×24回
(総額28,200円)
1,175円×24回
(総額28,200円)
機種購入補助 0円?
月々サポート
▲1,175円×24回

(総額28,200円)
合計維持費 総額2,375円 総額1,580円~

(各税別、2019年4月15日時点の価格による)

2019年6月以降の新プラン提供開始時に、ドコモケータイの本体代金および未発表の機種代補助がどのようになるのか、2019年4月時点では発表されていません。しかしながら上記のように「新プランにすると値上げになる」ケースも十分ありえるため、FOMAガラケーユーザーでそろそろ新しい携帯電話に買い換えておきたい考えていたのなら、9月30日ではなく2019年5月31日までに機種変更をしておくことを推奨します。

より詳しいFOMA携帯から最新ガラケーに実質0円で取り替えるテクニック・支払いイメージは下記の記事で解説しています。

☆「ドコモガラケー2019年最新機種シャープSH-02Lの機種変更料金・維持費シミュレーション」/(2019年5月31日までの限定価格)

ドコモが2019年中に一部FOMAプラン受付終了へ FOMAガラケーユーザーはどうすればよいか?
Pocket
LINEで送る