NTTドコモは2019年10月29日、かねてより噂されていたFOMAサービス・iモードサービスの終了予定を発表しました。

すでにドコモではかなり前からFOMA専用ガラケー・スマホ機種の販売を終了していましたが、ついにこのときが来ました。

FOMAガラケーが使える最後の日は「2026年3月31日」で決定です。

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、第3世代移動通信方式の「FOMA®」および携帯電話からインターネットやメールを利用できるサービス「iモード®」を、2026年3月31日(火曜)に終了いたします

KDDIではauの3Gサービスである「CDMA 1X WIN」を2022年3月末を以って終了させることをすでに発表済みです。これに比べてドコモは比較的早めに告知を出したと言えるでしょう(法律では100万人以上のサービス利用者に影響がある場合、最低でも1年以上前に告知・周知を開始しなければならないという決まりがあります-関連記事/「2019年9月ドコモFOMA音声プラン新規加入停止 FOMA終了・3G停波の最終告知はいつ頃来る?」参照)。

FOMAサービスは2001年10月からサービスの提供が開始されているため、実に24年以上の長期提供サービスとなりましたが、4G通信の普及および5Gサービスへの経営資源集中のため、日本国内では各社が3Gサービスの終了準備をしています。

すでにドコモの公式サイトでもFOMA・iモード専用ガラケーは購入することは出来ず、すべて新しいXiケータイに販売・プランも切り替わっています。

2019年10月のFOMA/iモード終了告知がされた時点からまだ丸6年以上は終了前猶予があることになりましたが、FOMAガラケーの古い機種はすでに修理・サポートが終了しており、故障した場合の対応がドコモショップでも出来なくなってきています。

ドコモの新しいケータイプランでは月額1200円で利用できる安いプランもありますのでそろそろFOMAガラケーの継続利用は諦めて、新しいドコモガラケーに取り替えることを推奨します。

ドコモではFOMAサービス終了後にも使える折りたたみ携帯・カード型携帯などを取り揃えています。

続きを読む▶2019ドコモ最新ガラケー arrowsケータイ初Xiモデル F-03L購入・開封レビュー

ソース:NTTドコモ報道資料 「FOMA」および「iモード」のサービス終了について <2019年10月29日>

[FOMA終了日確定]NTTドコモ FOMA/iモードサービス停止日を正式発表 2026年3月末で幕
Pocket
LINEで送る