Pocket
LINEで送る

2017年8月31日現在、ドコモの公式携帯販売サイト「ドコモオンラインショップ」にて販売中の折りたたみ携帯電話機種(キッズケータイを除く)で購入可能なガラケー機種がXi(LTE)方式対応のモデルのみとなりました。

いつ販売が終わったのか正確な日にちは把握していませんが、先日まではFOMAプランが契約可能な旧型モデル AQUOSケータイ SH-06Gが「在庫なし」という状態でまだかろうじて在庫入荷の可能性を残していましたが、現在は「販売終了」に切り替わり、今後の在庫追加・再販売の見込みは無くなりました


AQUOSケータイ SH-06Gは従来型ケータイとAndorid OS対応の最新ケータイの過渡期だったといえる、2015年6月26日に販売された「SPモードで使うFOMAケータイ」でした。同時期の発売モデルとして富士通のARROWSケータイ F-05Gもありましたが、そちらもすでに販売が終了しています。

FOMAのサービス自体はこれからもしばらくは継続して提供される見込みです。今FOMAのガラケーを使っているユーザーがそのまま使い続ける事自体は問題ありません。

しかし今後、順次ドコモショップ・量販店での在庫もなくなり、FOMA携帯機種を正規に購入することは確実に出来なくなります(キッズ・シニアフォンを除く)。FOMA携帯の多くはすでにソフトウェアアップデート・修理サポートサービスの提供も終了しており、万一の故障・トラブルがあった場合、ドコモショップに持ち込んでも直してくれなくなります(交換も不可)。

SH-06Gは販売終了間際には機種変更でも一括0円で買える最後のケータイとして需要があったのですが、私の把握している最後の入荷は2017年4月中頃です。すでに生産もされていませんので、探せばどこかには売れ残り機種も見つかる可能性もあるものの、今買うのならより高性能で機種変更価格が値下げされたSH-01Jの方が良いでしょう。

SH-01Jならば2018年以降でもセキュリティ更新・修理サポートが継続されていますので、安心してガラケータイプの携帯電話を使いたい人に向いています。

今は上位互換のSH-01Jが機種変0円で買える

iモード・FOMA機種の販売は確かにドコモでは終了しましたが、今後はもっと便利に使えるようになった新型ケータイ SH-01JやP-01Jに本体代金負担0円で機種変更できますので、スマホ機種ではなく折りたたみ式のガラケーに拘る人には、管理人も使っているSH-01Jへの買い換えをオススメします。

SH-06Gに比べてSH-01Jには以下のようなメリット・進歩があります。

項目 旧型SH-06G 新型SH-01J
電池容量 1,410mAh 1,800mAh
連続待受時間 3G 610時間 3G 700時間
LTE 610時間
ワンセグ再生 360分 430分
スピーカー 1.5倍の大音量対応
(SH-06G 比)
メインカメラ 500万画素 800万画素
データ容量 4GB 8GB
ネット接続 下り最大14Mbps 下り最大112.5Mbps
テザリング 非対応 対応
おサイフケータイ 非対応 対応
歩数計機能 非対応 対応
Android OS 4.4 5.1.1

このように、ほとんどの項目でSH-01Jの方が機能性能が上がっています。より詳しいSH-01Jのスペックは公式サイト「ドコモ SH-01J 機種詳細ページ」を参照下さい。

SH-06Gにはシャープのタブレット機種と「PASSNOW」という連携機能で擬似的にネット接続連携が出来ますが、他のパソコンやタブレット端末をネットにつなぎたい時(モバイルルーターとしての機能)には、SH-01Jが活躍します。

電池の保ちも旧機種よりアップしており、充電無しで長く使えることを重視したい人に向いています。

SH-01Jの機種価格

機種代金 33,696円
月々サポート  月額1,404円×24回
(総額 33,696円)
実質価格 0円

パナソニック製の「P-smart P-01J」も全く同じ価格です。

ドコモケータイ(Xi)の料金プランについては「ドコモ新ガラケー AQUOSケータイSH-01J 機種変更時の維持費シミュレーション」にて行ったシミュレーションなどを参照下さい。旧モデルのFOMA機種・iモード機種とは契約できるプランが変わりますので、事前にどのようなプラン構成・支払い目安になるのかを勉強してから注文しましょう。

☆ドコモの簡単オンライン注文手順まとめ

ドコモFOMA対応ケータイ SH-06Gが販売終了 公式サイトで買えるガラケーはすべてXiに
Pocket
LINEで送る

Tagged on: