Pocket
LINEで送る

NTTドコモは2020年3月13日(金曜日)より、公式のウェブ販売サイトにおいて2018年モデルの型落ちiPhone「iPhone XS 256GB」モデルを機種変更(すでにスマホ・iPhoneなどを使っているユーザー向け)の専用割引「SPECIAL割引」(→ iPhone XSの機種変更向け値引きは「端末購入割引」という名前に変わっています。機種変更(Xi→Xi)条件は全く3月以前と同じです)の対象に追加します。

この「SPECIAL割引」は、すでにドコモ・メーカー側で生産・納品が終了した在庫限りの値引き販売企画となっており、「在庫がなくなり次第終了」となるのが特徴です。

ドコモでは2月29日にもiPhone XR 64GBを同じ割引の対象に追加したばかりでしたが、値下げ後2週間で在庫は完全になくなり、販売終了となっています(2020年3月12日時点)。シーズン柄、2月・3月は最新機種よりも安く買える型落ち機種が学生に特に人気が高く、iPhone XS 256GBもすぐに在庫がなくなる可能性があるため、欲しい方は早めにどうぞ(オンラインでの販売(値下げ反映)は13日10時が予定されています。メンテナンス表示で購入できない場合、10時以降に再アクセスしてみてくだあい)。

SPECIAL割引の適用条件

ドコモの公式販売値引き・特典では、契約の種別(新規・機種変・乗り換えなどの手続きの種類)によって使える割引が異なり、「SPECIAL割引」はすでにスマホを使っているユーザー向け(Xiプラン利用者)の専用割引です。

SPECIAL割引/(2020年4月1日~端末購入割引)の適用条件は「すでにXiプランでスマホやiPhoneを使っている」ユーザーであれば、基本的に誰でも利用できます。

ただし、以下の場合は割引対象外となります。

・過去6か月以内に機種購入手続きがなされている回線でのご購入
・過去6か月以内にXiからFOMAへの契約変更がなされている回線でのご購入
・過去6か月以内に持ち込みになった機種でドコモを新規契約されている回線でのご購入

つまり、「ドコモでiPhoneを買ってから6ヶ月以上経っている」のであれば、機種変更するだけで割引が適用されます(機種変更以外の種別も割引対象になる機種があります)。

iPhone XS 256GBの値下げ状況

iPhone XSは2018年モデルのハイエンド&スタンダードサイズのiPhoneとして登場し、256GBモデルの場合では発売当時の価格は14万円(消費税8%当時)を超えていました。

しかし、発売から1年半が経過した現在、機種変更でも当時の半額以下のお値打ちプライスにまで下がることになります。

iPhone XS 256GBモデル 価格状況
2018年9月発売当時 ドコモ定価 147,096円
(月サポ適用実質88,128円)
2020年3月12日まで旧価格 オンライン価格
本体83,160円
SPECIAL特典 3000dポイント還元
2020年3月13日~値下げ価格
2020年4月1日~
オンライン価格
端末購入割引22,000円
→本体一括61,160円
(64GBモデルも一括57,200円に値下げ中)

*発売当時は消費税率が異なります。価格は変更されることもあるため、最新価格・機種変更以外の契約種別の割引は公式サイトの情報をご確認ください。

オンラインで機種変更注文をすれば、頭金・事務手数料も無料になります(ただし在庫限りで取り寄せ不可・販売終了になる可能性大)。

ドコモiPhone 256GBモデルの価格比較

ドコモでは2019年モデルの”iPhone11″シリーズを始めとして、現在でも多数のiPhoneを取り扱っていますが、今回値下げされるiPhone XS 256GBと同じストレージの「256GB」の容量を持つモデルの機種変更価格を比較してみましょう。

昨今ではiPhoneに限らず、1年・2年くらい前のモデルでも十分に高い処理能力・スペックを持っているため、”最新モデル”にこだわらなければ容量が大きな型落ちiPhoneがお得であることがよく分かるリストになっています。

【2019年モデル】
iPhone 11 256GB
本体:106,920円
ポイント還元:3000円相当
【2019年モデル】
iPhone 11 Pro 256GB
本体:142,560円
ポイント還元:3000円相当
【2019年モデル】
iPhone 11 Pro Max 256GB
本体:158,400円
ポイント還元:3000円相当
【2018年モデル】
iPhone XS 256GB
本体:83,160円
機種変更で22,000円割引
【2018年モデル】
iPhone XR 256GB
本体:118,800円
ポイント還元:3000円相当

*各税込み、3月13日以降の予定価格。公式オンラインサイトではiPhone XS Max/8などの256GBモデルはすでに販売終了となっています。

iPhone XSとiPhone 11 Proの違い

iPhone XS(2018年モデル)は、2019年9月に発売された現行モデル iPhone 11 Proの型落ちモデルとなっています。もちろんより新しいiPhone 11 Proのほうが機能も性能も基本的にはXSより優れていますが、「価格差を考えた場合のバランス」という観点では、2020年の今、iPhone XSへ機種変更するほうが賢い選択といえるかもしれません。

iPhone XSとiPhone 11 Proの最も大きな違いは、見た目にも判るように「カメラのレンズが増えている点」にあります。

iPhone 11 Pro iPhone XS
・12MP 超広角(f/2.4)
・12MP 広角(f/1.8)
・12MP 望遠(f/2.0)
・12MP 広角(f/1.8)
・12MP 望遠(f/2.4)

iPhone 11シリーズで新しく追加された「超広角」レンズを使うと、同じ距離で撮影した場合に、より広範囲を写し取ったの写真が撮れます。

(iPhone11 Proの超広角写真作例)

また、iPhone11以降のモデルではナイトモード(夜景モード)/Deep Fusionに対応するため、夜景を撮りたいのならiPhone 11のほうが断然キレイに撮れます。

参考:[比較レビュー]iPhone11カメラがiOS13.2アップデートで凄いことに「Deep Fusion」で暗闇写真で劇的画質向上

一方、iPhone XSでも防水性能あり(iPhone11Proのほうが耐水性能は上)・おサイフケータイ対応・eSIMに対応したDSDS利用が出来るといった基本的な利便性は型落ちモデルでも問題なく使えます。

iPhone 11 Pro iPhone XS
5.8インチ
OLEDディスプレイ
5.8インチ
OLEDディスプレイ
A13チップ A12チップ
iPhone XSより
最大4時間電池長持ち
iPhone Xより
最大30分電池長持ち
高さ:144.0 mm
幅:71.4 mm
厚さ:8.1 mm
重量:188 g
高さ:143.6 mm
幅:70.9 mm
厚さ:7.7 mm
重量:177 g
IP68等級の耐水性能 IP68等級の耐水性能
フロントカメラ 12MP フロントカメラ 7MP
Felica対応 Felica対応
eSIM対応 eSIM対応

3月13日以降、iPhone 11 ProとiPhone XS 256GBの機種変更価格差はおよそ8万円ほどになります。2年でiPhoneを買い換えるとして毎月3,000円以上の負担差額をどう考えるか、「iPhoneに何を求めているのか」次第となります。

iPhone XSの在庫処分セールは今後すぐに終わってしまう可能性もありますので、在庫があるうちに早めの機種変更手続きを行うことを推奨します。

[3/13~]ドコモが安いiPhone XR 64GB完売につきiPhone XS 256GBを機種変値引きに追加 Special割引
Pocket
LINEで送る