Pocket
LINEで送る

2019年5月31日に迫るドコモの月々サポート廃止、そして6月1日から始まるドコモスマホ新料金プラン(ギガホ/ギガライト)のどちらがお得に、安く買えるのか検証することができる「ドコモ公式料金シミュレーター(2019新料金プラン対応版)」が公開されています。

しかし、ドコモの公式オンラインシミュレーターでは「機種代金」・「機種個別の割引」・「期間限定で適用可能なキャンペーン」が含まれていませんので、真に新料金プランと旧プランのどちらが節約になるのかを判定するには、自分で機種代金分を補正しなおさなければなりません。

公式のシミュレーターを使うことで「どの料金プランが自分の使い方に適しているのか(そしてそのプラン構成が月々幾ら掛かるのか)」をざっくり知ることは出来ますので、すべてのドコモユーザーは一度は使ってみることはオススメします。

公式のシミュレーターを行った上で、さらにここでは2019年6月1日から発売開始される新機種 AQUOS R3 SH-04Lと、2018年型落ちモデルの値下げされたAQUOS R2 SH-03Kの「新プラン+新機種」vs. 「旧プラン+旧機種」の機種変更を想定し、あえて条件を変えて”ドコモの新料金プラン前に機種変更すべきかどうか”の参考料金シミュレーションを行った結果を公開したいと思います。

今回は6月1日以降の価格とキャンペーンが判明しているAQUOS R3、現在値下げが進みながらも在庫があるAQUOS R2の場合を計算しますが、計算方法・傾向としては他機種の場合も同じです(例えばXperia 1とXperia XZ2,XZ3シリーズ、Galaxy S10シリーズとGalaxy S9など)。

*以下、それぞれなるべくシンプルな利用を想定して計算しますが、2019年5月31日までしか使えない割引・6月1日以降で新機種にしか使えない割引をすべて含んで計算する関係から、プラン・条件が平等ではありません(平等にすればするほど、ドコモの公式シミュレーションと同じように大切な部分を省略・考慮せずに比較することしか出来なくなってしまうため)。そのあたりも含めて”新料金プランになる前に機種変更するべきかどうか”の判断材料として目安にしてみてください。

現行プランでAQUOS R2(SH-03K)を機種変更する場合

2018年夏モデルとして発売されたAQUOS R2 SH-03Kは、6インチの大型ディスプレイを搭載したハイエンドモデルです。機種そのものの説明・使い勝手や評価については本記事では省略しますので、「[実機レビュー]2018年夏 AQUOS R2 SH-03Kの使い勝手・性能や機能を総チェック」を参照下さい。

 

現行プランで機種変更する場合は「1人だけで使う場合」と「シェアグループで契約する(副回線で契約する)」タイプで大きく維持費が変わるため、2つの料金パターンをここでは紹介します。

契約プラン内容:シンプルプラン(スマホ)+spモード + ベーシックパック(~1GB)
利用する割引:月々サポート+オンラインショップ特典 (+ドコモの学割/ウェルカムスマホ割)+ずっとドコモ割プラス(プラチナステージ特典)

ドコモの学割(学生が使える料金値引き)・ウェルカムスマホ割(FOMAガラケーからのスマホ買い替え優待)については、それぞれ適用条件があります。購入する機種によって割引が併用できない組み合わせがありますので、学割・スマホデビューを考慮したい場合は下記も参照下さい。

関連記事:ドコモ契約注意点 docomo withと学割とウェルカムスマホ割は併用可能?強力な割引の罠を解説

【料金内訳計算】

項目 月額料金(税別)
基本料金 シンプルプラン
980円
spモード 300円
パケット料金 ベーシックパック
~1GB:2700円
~3GB:3400円
~5GB:4200円
~20GB:6200円
(ずっとドコモ割適用後)
AQUOS R2本体料金 定価:88,800円
ウェブ値引き:▲4800円
月々サポート:最大▲62400円
→1月あたり900円
月々の支払額
(基本料金+本体代金)
パケット利用量に応じて
~1GB:4880円
~3GB:5580円
~5GB:6380円
~20GB:8380円
ウェルカムスマホ割適用時 上記から最大13ヶ月1,500円引き
1GB未満なら3,380円~
ドコモの学割適用時 上記から最大13ヶ月1,500円引き
1GB未満なら3,380円~
+最大20回線×2500円分ポイント特典

(2019年5月28日時点のプラン。上記以外に別途税・ユニバーサル料金・各種追加オプションなどを追加した場合は料金が変動します)

上記の「ベーシックパック」では、1ヶ月に利用するパケット料金に応じて4段階のステップ型料金になっています。

ベーシックでも毎月20GBまで高速通信が使えます。もっと大容量の通信量が必要だと判っている人は「ウルトラデータパック(20GB/30GB)」もあります。

あるいは、2019年5月時点ですでに提供が終わっている旧プラン(データパック M/Lなど)でも月々サポートが使えるものがあります。ベーシックプラン以前の料金・サービスを維持し続けたいユーザーは、そのままでも問題ありません。

ただし、ベーシックパック/ウルトラデータパックも2019年5月31日を以って新規受付が終了するため、ドコモの古いスマホプランから切り替えておきたい方は早めに検討して手続きをしてください。

関連記事:ドコモの新スマホ料金「ベーシックパック」の罠を解説 変更して安くなる人・損をする人

2019年6月以降、ドコモでは「シェアグループ」という料金の組み方が出来なくなりますが、既存の利用者であればそのまま維持する事が可能です。利用できるパケット容量は代表回線(主回線・親回線)の契約するシェアパックに依存しますが、家族でデータを分け合って使いたい場合には、以下のような料金になります。

【料金内訳計算】

項目 月額料金(税別)
基本料金 シンプルプラン
980円
spモード 300円
パケット料金 シェアオプション
500円
AQUOS R2本体料金 定価:88,800円
ウェブ値引き:▲4800円
月々サポート:最大▲62400円
→1月あたり900円
月々の支払額
(基本料金+本体代金)
月々 2,680円
(3年目以降は1780円~)
ウェルカムスマホ割適用時 上記から最大13ヶ月1,500円引き
1年目:1,180円 (割引適用中)
2年目:2,680円
3年目以降:1,780円 (機種代完済後)
ドコモの学割適用時 上記から最大13ヶ月1,500円引き
1年目:1,180円(割引適用中)
2年目:2,680円
3年目以降:1,780円(機種代完済後)
+最大20回線×2500円分ポイント特典

ドコモの現行シェアシステムでは、子回線(シェアオプション)でも月々サポート(他機種の場合は端末購入サポート・docomo withなど)が適用されます。家族で複数のスマホ回線を持っている場合はシェアグループを作って1人あたりの料金をかなり安くすることが可能でした。

AQUOS R2 SH-03Kを2019年5月31日までに機種変更購入すれば月々サポート+ウェブ値引きで67,200円(税別)の機種購入補助がありますが、これらは2019年6月以降一切使えなくなります。上記のシミュレーションが成り立つのは今だけですので注意してください。

☆「ドコモ公式 AQUOS R2 SH-03Kの料金・機能を詳しく見る

AQUOS R3(SH-04L)の新プラン機種変更料金

2019年6月1日に発売される夏モデル AQUOS R3 SH-04Lは、旧モデルSH-03Kより性能が高い最先端モデルです。

実際に入手しました→☆「ドコモ公式 AQUOS R3 SH-04Lの実機レビューをみる

AQUOS R3をドコモから購入する場合、前述の通り 月々サポートや端末購入サポートなどの「端末購入補助の割引」は一切つきません。しかし、現在は期間限定で予約・購入でポイントが貰えるキャンペーンがありますので、これを考慮に含んで比較します。

SH-04Lのキャンペーンで貰える最大ポイントは25,000円分です。このうち、確実に貰える分だけを考慮して試算します。

ポイントのもらい方・応募条件は公式HPを参照ください(手続きを踏まないと貰えないので、SH-04Lを購入予定の場合は必ず確認してください)。

契約プラン内容:ギガライト (通話オプション無し)/定期契約あり
利用する割引:SH-04L購入キャンペーン+ずっとドコモ特典(プラチナ)

ドコモの新料金プランでは、「ドコモ回線を利用する家族の人数」と「ネット回線(ドコモ光)」に依存して割引が変わります。それぞれ値引き額が条件によって変わってくるため、ここではシンプル化のために省略します。ドコモ利用者の人数(1人・2人・3人以上)、ドコモ光を含んだ料金を計算したい場合は各自で公式HPのシミュレーターを使って加算してください。

【料金内訳計算】

項目 月額料金(税別)
基本料金 ギガライト
~1GB:2980円
~3GB:3980円
~5GB:4980円
~20GB:5980円
spモード 0円
(基本料金に含む)
パケット料金 基本料金に含む
AQUOS R3本体料金 定価:82,800円
予約&購入特典:10,000円相当
(予約5000+購入5000)
→1月あたり約3033円/24分割時
月々の支払額
(基本料金+本体代金)
月々のパケット利用量に応じて
~1GB:6013円
~3GB:7013円
~5GB:8013円
~20GB:9013円
ずっとドコモ特典
1年ごとに
500~3000pt
(ポイントはステージによる)
はじめてスマホ割適用時 上記から最大12ヶ月1,000円引き
1年目:5013円~ (割引適用中)
2年目:6013円~
3年目以降:2980円~ (機種代完済後)
ドコモの学割適用時 学割対象外

*ここでは1dポイント=1円相当の値引きとして、24分割して1ヶ月あたりの平均負担を算出しています。

ネット回線を使う場合は、「ドコモ光セット割」により上記から最大1,000円引きが使えます。

ドコモの利用人数に応じた割引「みんなドコモ割」により、上記から最大1,000円引きになります。

対象回線が2回線で500円、3回線以上なら1,000円引きとなります。

ただし、最も安い「ギガライトで1GB未満の利用」の場合は、ドコモ光セット割もみんなドコモ割も適用外です。

AQUOS R2とR3では性能もかなり差がありますが、上記の通りキャンペーンや割引を考慮すると、新旧プランで維持費も全く異なります。

新料金プランの場合はみんなドコモ割・ネット回線割引が使えるかどうかも大きなポイントになるため、新プランだけの割引をどれだけ自分が使えるのかを良く考えてください。

☆「NTTドコモ 新料金プラン向け割引・キャンペーンについて

まとめ:新プラン・旧プランの最安値比較

前項までのシミュレーションを踏まえて、新料金プランと現行プランでもっとも損得に差が出るケースを想定して、AQUOS R2とR3を購入・2年間使った場合の総コストを比較してみましょう。

条件:学割が使える・1人で利用(1GB以下)・かけ放題オプション無し・プラチナステージ・ドコモ光未契約

想定する条件は若干いびつなもの(学生がドコモで1人だけで使うことはあまりないでしょう)になってしまいますが、あくまで”新旧プランで差が出てしまう”シミュレート考察なのでご容赦下さい。

新旧比較 AQUOS R2購入 AQUOS R3購入
基本料金部分 シンプルプラン:980円
spモード:300円
パケット料金:2900円月々4180円×24回
=2年総額100,320円
ギガライト:2,980円
=2年総額71,520円
プラチナステージ特典 ありがとう更新P:3,000円分
ずっとドコモ割:200円×24回
=2年総額▲7,800円分
ずっとドコモ特典
誕生月に
3000円×2回
=2年総額▲6,000円分
学割特典部分 最大13ヶ月1500円引き
=総額▲19,500円
(ポイント特典対象外)
対象外
みんな家族割分 対象外 想定対象外
ネット割引 対象外 対象外
スマホ本体価格 SH-03K
定価88,800円
SH-04L
定価82,800円
スマホ割引 ネット特典:▲4800円
月々サポート:▲62400円
予約&購入特典
▲10,000円分
(抽選特典別途15000円分)
総額コスト
(機種代込み)
2年分総額
94,620円
2年分総額
138,320円

*税別、1ポイント=1円として計算した場合。計算簡略化のために契約・割引のタイミングが実際の適用開始日とは異なる場合があるため、目安としてのみ参考にしてください。

(上記は新料金プラン向けの「スマホおかえしプログラム」は利用していません。機種を36分割・ドコモに返却して負担を減らしたい場合は「スマホおかえしプログラムは契約すべきか?ドコモ新料金プラン対策のメリット・デメリットを要確認」を参照下さい)

今回想定している条件の場合では、新料金プランの基本料金は3万円近く安くなっているものの・月々サポートの購入補助・学割の適用可否によって、最終的に旧機種+旧プランのほうが4万円以上安く機種変更できるシミュレーション結果が出ています。

購入する機種自体がAQUOS R2とR3という違いもありますので、新料金プラン+新機種のほうが高くなるのは妥当だとも言えますが、「どちらを選ぶべきか」は人それぞれの判断基準に依るところですので、新料金プランが始まる前に手続きをするかどうか、急いで検討しましょう。

*上記は2019年5月28日時点の情報に基づき記載・計算しています。実際には上記以外に使える各種割引・クーポン値引き、キャンペーンが追加されることもあるため、より正確な条件や料金については各自で確認してから購入検討をしてください

2019年6月1日発売AQUOS R3+ドコモ新料金プランと旧プラン+AQUOS R2(月々サポート)料金比較
Pocket
LINEで送る

One thought on “2019年6月1日発売AQUOS R3+ドコモ新料金プランと旧プラン+AQUOS R2(月々サポート)料金比較

  • 2019年5月30日 at 6:23 PM
    Permalink

    これからは端末が壊れるまで使います

Comments are closed.