Pocket
LINEで送る

auでは契約中のスマートフォン用回線(LTEプラン、カケホ・デジラ)プランから、3G回線を利用する旧モデルスマートフォン・ケータイ・iPhone4sの端末(白ロム)を持ち込み、機種変更(プラン変更)をすることが可能です。

スマートフォンプランを契約してみたけどあまり使わないので元々使っていたガラケーや古いスマホに戻したい、回線を維持したまま少しでも安い料金で運用したいという節約目的に使えます。

ですが、機種変更の手続きはタダというわけにはいきません。機種変更を行う場合には所定の手数料が発生しますので、持ち込み機種変更にかかるコストをしっかりと把握してから手続きをしましょう。

auでの機種変更では変更するプランの前後の種類によって、2種類のパターンがあります(au-機種変更手続きのご案内より)。

au機変手数料一覧表には色々と書いてありますが、要は「SIMカードの種類が変わると3000円、同じままなら2000円(税別)」ということですね。持ち込み機種変更とは少し事情が異なりますが、同じプランのままSIMカードのサイズを変えたい場合にも手数料2000円が掛かります(端末購入を伴わないシングル⇔デュアルのSIM交換は3000円)。

LTE・VoLTE用のスマホ回線からシンプルコースへ変更する場合にはSIMカードの種類が変わりますので、必要手数料は3000円と見ておけばOKです。これは「au オンラインショップ」でSIMカードの変更を伴う機種変をした場合も同じです。

auの旧モデルスマホ・ケータイでは「L2ロック」と呼ばれる「キャリア内のSIMロック」が掛けられていることがあります。L2ロックが掛かった機種だと、1度SIMカードを紐付けてしまうと、別のSIMカードを挿しても利用できなくなります。そのまま別のSIMカードで使いたい場合には手数料2000円で「ロッククリア」が必要となります。

さて、ここからがちょっとややこしい話になりますが、L2ロックが掛かった状態の機種で持ち込み機種変更に用いる場合には、「ICカードの再発行を同時に行うことで、手数料は3000円(税別)のみで可能」とのことです(auサポートの回答より)。ロッククリアと機種変更を別々にやってしまうとそれぞれに2000円+3000円=5000円の手数料が掛かってしまうのですが、同時にやればOKなようです。

最近話題の「auのL2ロックフリースマホ」を手に入れた場合、複数の回線を持っている人は便利に使える可能性があります。

例えば2回線分のLTEプラン→シンプルプランへの変更を行った場合、手元には2枚の3G用SIMがあるわけですが、L2ロックフリーの機種であれば1台のスマホでそれぞれの回線をカード差し替えのみで使い分けることが可能です。

L2ロック機種しか持っていない場合は、回線の数だけ端末を揃える必要が出てきます。過去に使っていた機種をたくさん持っている方はL2ロック機種を順繰りに持ち込みロッククリア&機種変更を行っていっても良いですが、新たに買い増す場合にはL2ロックフリーの端末を買うほうが便利なこともあるでしょう。

*各プランや事務手数料、変更のルールは変更される場合もあります。上記は2015年11月時点の情報で確認したものですが、必ずしも全ての場合で正しいとは限りません(サポートが間違っていることもありえる)ので、各自確認してから手続きを進めて下さい。

関連記事:au 持ち込み機種変更では「シンプルプラン」は選べないのか?



 

au LTEから3Gスマホへ持ち込み機種変更 必要な手数料は?
Pocket
LINEで送る

2 thoughts on “au LTEから3Gスマホへ持ち込み機種変更 必要な手数料は?

  • 2015年12月2日 at 10:27 PM
    Permalink

    はじめまして、makinosと申します。

    LTEから、3Gへの持ち込み機種変更について
    もし、ご存知なら教えていただけないでしょうか?

    LTE → 解約済み 3G プリペイド端末(ガラケー)への
    持ち込み機種変更は、可能でしょうか。

    よろしくお願いいたします。

    • 2015年12月2日 at 11:52 PM
      Permalink

      はじめまして~
      auぷりぺいどには「プリペイドでしか契約できない端末」というのは無いはずなので、auの3G用ガラケーであれば持ち込み機種変更は可能なはずです。

Comments are closed.