Pocket
LINEで送る

KDDI,SoftBank, NTTドコモの3社は2020年4月20日、それぞれの公式ウェブサイトにてアップルの新製品「iPhone SE(第2世代)」の事前予約受付を開始しました。

初代iPhone SEの発売から実に4年ぶりとなる、廉価&ハイエンドな処理性能をもつiPhoneの登場を楽しみにしていたユーザーもいらっしゃることでしょう。

一方で、今回は新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言により、新型iPhone SEの発売日が急遽4月27日から2020年5月11日に変更されるというイレギュラーな事態となりました。

例年新型のiPhoneといえば、発売直後に品薄となり、予約受付直後に注文をしておかないと数週間~過去最長では1・2ヶ月待ちになるほどに在庫が足りなくなるという事態もありましたが、今回は在庫状況には関係なく、約2週間のおあずけ状態となります(SIMフリー版は予定通り4月24日~に発売される見込みです。「ビックカメラicon」でもSIMフリー版の予約が出来ます)。

4月下旬現在、日本全国におよぶ緊急事態宣言を受け、全国のアップルストア直営店・ドコモ・au・ソフトバンク各社のショップが休業・または時間短縮営業をするなど、残念ながら販売の準備自体が整っていないタイミングに本来の発売日が重なってしまったため、ユーザーも我慢が必要です。

一方で、「iPhone SE2の在庫状況」という観点から考えてみると、ドコモのようにショップ店頭で予約受付をしないという緊急措置携帯買い替えシーズンである2月~3月を過ぎた4月下旬という中途半端なタイミング本来より2週間延びた発売日という3つの影響により、過去の新型iPhoneよりも入手は容易な可能性もあります(生産数・在庫数、そして需要のバランス次第なので、具体的な推測は出来ません。ただの「可能性の話」です。製造・輸送もCOVID-19の影響を受けて少なくなっている可能性も無いわけではありません)。

実際、過去の大人気&超品薄になったモデルに比べると、アップルストア予約品の場合には予約受付からすでに4日が経過した時点でも1~2週間で配送の予定と表示されます。

iPhone SE(第2世代)は純然たる「新機種」というわけではなく、iPhone 8相当のボディにiPhone 11シリーズと同じチップを搭載したマイナーチェンジモデルであることを含めて、過去の超品薄になったモデルほどの供給不足にはならないと予想しています。

(2年半前、iPhone X登場時には予約なしでは1~2ヶ月待ちも当たり前でした)

このような状況ですので、ドコモ・au・ソフトバンクの発売日が本来の4月27日の場合であったとしてもそれほどひどい品薄にはならなかったのではないかと予想され、さらに発売日が2週間延期されましたので、本来なら「1~2週間待ち」のタイミングえ予約したユーザーも”発売日(5月11日)”には手に入られるほど、在庫が追加で各キャリア・ショップへ到着するはずです。

よって、「発売日も2週間延びたことだし、まだ予約しなくてもいいか」と考える方もいらっしゃるかもしれませんが・・・発売日に手に入れたいのであれば予約だけは早めにしておくことを推奨します。

その理由は、以下のとおりです。

緊急事態宣言に伴う、ショップ・カスタマーサービスの遅延発生

2020年4月19日時点において、ドコモ・KDDI・ソフトバンクの3社を含む企業に対して、総務省・緊急事態宣言により「他者との接触を8割減らす」ため、iPhoneを含む携帯電話の購入にも影響が色濃く出ています。

具体的には、

・大都市圏の旗艦店を含む携帯ショップの臨時休業/時短営業
・カスタマーセンター/コールセンターを含む、対応スタッフ数の削減
・オンライン販売における配送業者の手配、配送業務の遅延

などにより、普段よりも処理できる件数自体が大幅に減っており、出荷までに時間が掛かる可能性が示唆されています。

例えばドコモ公式ウェブサイトの場合なら、通常最短2日間で機種変更が出来る(注文日の最短2日後に配送される)ところ、以下のアナウンスが表示されるようになりました。

緊急事態宣言に伴い商品のお届けが大幅に遅れる可能性があります。あらかじめご了承ください

具体的にどのくらいの遅延が出ているのかは不明ですが、新型のiPhone SE2の発売のタイミングで注文が激増しても対応の人員を増やすことが出来ないため、受注数自体が過去のiPhoneより少なくても出荷までに時間が掛かってしまう可能性があるのです。

これはドコモだけでなく、auでもソフトバンクでも同じことでしょう。

iPhoneの機種変更を急がないのであれば緊急事態宣言が解除され、感染発生が完全に落ち着く頃まで様子をすることで、ショップスタッフ・カスタマーセンターのスタッフ、携帯契約に関わるすべてのスタッフの負担を分散させられますので、iPhone SE2発売直後の購入自体を見送ることも選択肢の一つに入れて頂きたいところですが、なるべく早めに手に入れたいということであれば、やはり予約・購入手続きを早く済ませる、料金相談・不明な点の問い合わせは発売日までの余裕がある時間で、先に終わらせておくことをオススメします。

ドコモのチャットサポートも混雑中

NTTドコモではショップ店員との対面不要で料金相談・購入相談が出来る、オンラインのチャットサポートを開設しています(年中無休、9時-24時対応)。

ドコモのチャットサポートは9時~24時まで、通常のショップが閉まっている時間帯でも有人の専用スタッフにリアルタイムで相談・購入サポートをしてもらえる便利な機能ですが、2020年4月時点において、緊急事態宣言を受けてスタッフが減らされているのか問い合わせ件数が急増しているのか、オペレーターに繋がりにくくなっています。

スタッフに一度繋がれば、予約・購入手続きのやり方を質問・相談しながら実施出来ますので、初めてオンライン手続きでiPhone SE2の予約・購入する方も問題なく手続き出来るはずです。

ドコモの契約に関して不明な点がある場合には、比較的繋がりやすい平日の11時前後・14時~16時頃を狙ってアクセスしてみてください。

☆「ドコモのオンラインチャットを使ってみる」/月曜~日曜の午前9時~午前0時(メンテナンス時を除き毎日対応)

実際にドコモオンラインショップで手続きをしてみた画面・購入→開通までの流れの体験レポートも参照下さい(下記解説と同じように画面を進めていけば買えるはずです)。

3キャリアiPhone SE2(第2世代,2020) 発売日延期でも早めに予約したほうが良い理由-配送・審査遅延の恐れ
Pocket
LINEで送る