携帯業界のガイドライン改正を受けて、短期間での回線契約解除で発生する違約金が大幅値下げされた格安スマホサービス「BIGLOBEモバイル」(ビッグローブモバイル)の最新キャンペーンが、かなりお得&お手軽です。

BIGLOBEモバイルはキャンペーンが無い状態だと「格安スマホに変えると料金が安くなるのは知っているけれど、ちゃんと使えるかどうか・快適かどうか判らないので乗り換えるのが面倒/満足できなかった場合にまた往復契約変更をしてしまうと手数料が損となってしまい、今のスマホ料金にそれほど不満を持っていない人にはあえておすすめするほどでもありません。

しかし、2020年1月7日から始まった新しいBIGLOBEモバイルのキャンペーンでは「初期費用無料」+「月額料金値引き」+「カウントフリーオプションが一定期間無料」+「スマホ本体購入特典」(スマホの購入は任意)の4特典を用意しており、お試し利用には十分すぎるほどのメリットを用意しています。

2020年1月のビッグローブ格安SIMの特典の特徴は「初期コストの安さ+お手軽さ」にあります。

具体的にどのくらいお手軽に試すことが出来るのか、どのくらいのことが試せるのか、細かく解説していきましょう。

*各キャンペーン情報は記事執筆時点のものです。特典内容・価格は変更されることがあるため、必ず公式サイトの表記を各自で参照ください。

初期事務手数料とSIMカード準備料がタダ

2020年1月のBIGLOBEモバイルは「0円スタート」を掲げており、格安スマホ契約時の初期コストを節約することが出来ます。

BIGLOBEモバイルでは、キャンペーンが無い時に契約してしまうと契約時に3,394円(税別)の請求が発生します。

これが、今なら完全に無料です。

【対象期間】:2020年1月7日 〜 2020年1月29日 23:59
【対象プラン】新規に音声通話SIM3ギガ以上のプランを申し込んだ方/かつ対象期間中にキャンペーンページでお申し込みいただき、2020年2月29日までに本サービスを開始された方
【適用される特典】:プラン申込手数料を3,000円値引きとSIMカード準備料を394円値引きで初期費用を無料とします

キャンペーンの対象になるのは「音声機能付きプラン」のみとなり、データ通信のみ/データ通信+SMS機能付きSIMを契約してもキャンペーン特典は適用されません。キャンペーン期間中にお試しで使うなら絶対に音声SIMがお得(特典のメリットが、音声回線-データ回線のコスト差を上回る。料金計算は後述します)ですので、申込時に間違えないように気をつけてください。

BIGLOBEモバイルに限らず、「格安スマホの初期費用がタダ」あるいは「エントリーパッケージを使って安くなる」ということはよくあるキャンペーンなので、「初期費用とSIMカード準備料がタダ」は特筆するほどの珍しさではありません。

次の特典に行きましょう。

月額料金の割引:音声SIMが月額800円~

ビッグローブモバイルの格安スマホ音声SIMのプランは、ドコモ回線・au回線ともに初月(サービス開始月)料金は0円&キャンペーンにより3ヶ月間は月額800円値引きが一律適用されます。

これにより、一番安い1ヶ月に3ギガまで使えるスタンダードな音声SIMプランが月額たったの800円で使えるようになります。

一般的に格安スマホの音声回線料金相場は3GBプラン時で1600円前後であり、BIGLOBEモバイルの通常料金は他社に比べて高くも安くもない平均的な水準ながら、初月を含めて最大4ヶ月間は破格で試すことが出来るというメリットがあります。

ここでビッグローブモバイルの最低利用期間について触れておきましょう。これが「格安スマホを試す」ことを考えた場合に、2019年に行われた一番重要な変更点です。

ビッグローブの格安SIMで「音声通話SIM」タイプを契約した場合、2019年9月30日以前に契約した場合は最低利用期間である1年未満に解約してしまうと8,000円の料金が掛かりました。これが2019年10月1日の変更によって違約金1,000円にまで値下げされているのです。

従来の基準だと「違約金だけで3GBプランが5ヶ月使える(1600×5=8000)」という設定になっており、短期間だけ格安SIMを試したいというユーザーにはBIGLOBEモバイルの違約金制度は不利でした(そのかわりに加入時に大きなキャッシュバックや値引きがあったこともまた事実ですが)。

「12ヶ月目までに解約すると違約金がある」という点は変わりないものの、サービスに満足できない・回線が不要になった場合に1,000円の負担だけでいつでも転出出来るというお手軽さが、BIGLOBEモバイルの2020年1月の各種キャンペーン利用時にも有効です。

Youtubeも見放題になる追加オプションがタダ

これが今回のBIGLOBEモバイルの特典の中で最もメリットがあるかもしれません。

キャンペーン期間中、音声通話機能がついたSIMプランに加入するとユーチューブを含む動画配信サービス・音楽配信サービスをいくら見てもギガを消費しない「エンタメフリー・オプション」が最大6ヶ月間無料になる特典も併用可能です。

通常、このエンタメフリー・オプションは月額480円(データSIMプラン時には月額980円)にて提供されています(各サービスの有料オプション・サブスクリプション料金は別途生じることがあります)。

ギガを使わず利用できるサービス(2019年12月時点)

動画配信 (動画視聴のみ) YouTube AbemaTV U-NEXT YouTube Kids
音楽 (音楽再生のみ) Google Play Music YouTube Music Apple Music Spotify AWA Amazon Music LINE MUSIC dヒッツ RecMusic 楽天ミュージック
ラジオ (ラジオ聴取のみ) radiko らじる★らじる
電子書籍配信 (閲覧・ダウンロードのみ) dマガジン dブック 楽天マガジン 楽天Kobo
その他のアプリ Facebook Messenger

BIGLOBEモバイルで使えるデータ通信プランの料金は、先述の通り「格安SIMサービスの平均水準」であり、”料金の安さ”だけでいえば、もっと安い格安SIMサービスも無くはありません。

しかし、今回の音声SIM加入特典ではYoutubeやAbemaTVといった人気サービスを含む、通常は多くのデータ通信を使ってしまうサービスをいくら使っても速度制限が発生しなくなるため、6ヶ月間は思いっきりスマホを安く楽しむことが出来ます(ただし、極端に通信量が多い・長時間接続させ続けると制限が課されることがあります。カウントフリー対象・対象外の利用について詳しくは公式HPの注意事項を参照ください)。

このエンタメフリー・オプションの加入に対する最低利用期間や違約金はありません。もし使わない・不要であればいつ解約しても構いません。無料のキャンペーン期間中だけ楽しむことも問題ありませんので、BIGLOBEモバイルがどのくらいエンタメを楽しめる回線なのか、とことん試してみましょう。

管理人も今まさにamazon musicを聴きながら文章を書いていますが、スマホで通常に通信をさせてしまうとかなりのデータ容量を使うので・・・

Amazon Musicは豊富な曲数で使いやすいのですが、通常状態ではギガの使いすぎにちょっと注意が必要です。

iPhone7も買える 最大14,500円相当還元

ビッグローブモバイルではスマホ・iPhoneを契約時に購入することで貰える特典もあります(スマホを買わずに、SIMカードのみの契約でも初期費用無料・エンタメフリー・オプション無料・月額値引きは適用されます)。

2020年1月11日時点のキャンペーン価格・還元は以下のとおりです。

機種名 通常価格 実質価格(*)
Apple iPhone 7 32GB 56,400円
128GB 68,400円
32GB 41,900円
128GB 53,900円
ZenFone Live( L1) 16,800円 【最安値機種】
2,300円
OPPO Reno A 35,760円 21,260円
OPPO Reno A5 2020 26,640円 12,140円
AQUOS sense3 SH-M12 36,000円 21,500円
P30 lite 28,800円 14,300円
Moto E5 17,760円 3,260円

(*各税別、特典はGポイントによる還元を1PT=1円相当として計算。上記以外にも販売機種はあります)

従来であれば「携帯・スマホ購入時に何万円分ものキャッシュバック・高額スマホも一括0円で提供」するようなキャンペーンを実施する携帯ショップもありましたが、格安スマホサービスも含めていわゆる「2年縛り」と呼ばれた(格安スマホサービスの場合は半年や1年の場合も多い)、定期契約の更新月以外に携帯解約・他社転出をすると高額な違約金を取られることもありました。

今回のビッグローブモバイルの還元条件にも「3GBプラン以上の音声SIMプランとセットで加入」という条件こそありますが、先述の通り音声プランでも違約金は1000円と安く、拘束力が大きく下がっていますので、割引は以前より少なくとも「お手軽」に買えるようになっています。

2020年1月時点で開催されている「格安スマホ還元祭」の特典はサービス開始月の翌月末という早いタイミングで貰えます(ポイント付与前に退会・利用停止した場合はもらえなくなるので注意)。以前他社で行われいたような「還元・キャッシュバックまで数ヶ月~1年以上使い続けないと特典は取り消す」といった厳しいトラップはありません。

参考:4ヶ月間の総額お試しコスト

以上の2020年1月7日から始まったBIGLOBEモバイルの特典を考慮し、キャンペーンがフル適用される4ヶ月間分の利用料金総額を計算してみましょう。

料金内訳 2020年1月特典を
適用した場合
特典が無い場合の
通常料金
契約時の初期費用 0円 3394円
スマホ購入代金 Zenfone Liveの場合
実質総額2,300円
通常価格
16,800円
サービス利用
開始月の料金
0円 0円
月額料金
【1ヶ月~3ヶ月目】
3GBプラン:800円×3ヶ月
=2,400円
エンタメオプション:0円×3ヶ月
=0円
3ヶ月合計2,400円
3GBプラン:1600円×3ヶ月
=4,800円
エンタメオプション:480円×3ヶ月
=1,440円
3ヶ月合計6,240円
総額コスト 全部合わせて 実質4,700円 全部合わせて 26,434円

(各税別、ユニバーサル料金別、2020年1月11日時点の特典適用時。有料の通話サービス利用や他の有料オプションを追加した場合は別途料金が掛かることがあります。通話オプションなどを使いたい場合は契約時に追加することも可能です)

以上、特典のあり/なしにより、4ヶ月分(利用開始月含む)で2.2万円もの差額が生じる試算となりました。

特典期間が終わったあとはBIGLOBEモバイルの月額料金は通常価格(月額1600円~)になります。特典が終わった時点でドコモ・auの本家回線で契約維持をするより安いのかどうか、快適に使えているかどうかは4ヶ月後に判断すればよいですなお、BIGLOBEモバイルは2019年度のオリコン顧客満足度ランキング 格安スマホ部門でNo.1という結果があります。

他人がどう思ったところで結局は「自分が満足して格安スマホを使えるかどうか」が肝心なのですが、満足度ランキングが本当に正しいのかどうか、キャンペーンを活用した格安コストで、ぜひ自身で試してみてください。

追記:2020年1月30日~の新しいキャンペーンが始まっています。本記事のキャンペーン情報は古くなっていますので、最新キャンペーン情報は公式サイトにてご確認ください。一部特典の終了および割引強化などが実施されています)

[スポンサード]
[2020年1月]最低利用期間違約金が安くなったBIGLOBEモバイルを格安で思う存分試せる 初期費用0円+カウントフリー特典
Pocket
LINEで送る

Tagged on: