Pocket
LINEで送る

NTTドコモは2019年10月1日より携帯販売に関わるガイドラインが改定されることを受け、2019年10月1日より従来「2年縛り・更新月以外の解約違約金9,500円」のシステムを見直し、違約金を1000円に値下げ・料金プラン体系を変更することを発表しました。

新料金プランでも2年定期契約自体は存続していますが、定期なしの場合と月額170円の差へ”定期契約なしの場合の基本料金”が大きく値下げされた形となります。

2019年10月1日(火曜)以降にお申込みいただく方を対象※3に「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」において、2年定期契約の解約金を9,500円から1,000円に値下げし、定期契約なしと2年定期契約の月額料金差が1,500円から170円になるように、定期契約なしの月額料金を値下げします。「データプラスTM」「キッズケータイプラン」は、定期契約なしで、「データプラス」は月額1,000円、「キッズケータイプラン」は月額500円でご利用いただけます

料金が改定されたのは一般的にはスマホ利用者向けの「ギガホ」「ギガライト」だけでなく、ケータイプランも変更されます。

ただし「旧プランで2年定期契約中」からの変更は注意点も

今回のドコモ新料金プラン変更/解除料金変更は2019年10月1日以降に適用されるものです。そのため、2019年9月30日以前に2年定期契約をドコモで結んでいた場合には、以下のようなシステムが適用されることになります。

<9月30日以前にドコモをご契約のお客さま向けの注意事項>

・「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」「データプラス」「キッズケータイプラン」をご契約中の方も、10月以降のプランをご希望の場合は別途お申込みが必要となります。
・10月以降のプランをお申込みいただいた時点で、「ギガホ割」「はじめてスマホ割」適用中のお客さまは、現在の割引適用期間を引継ぎます。
・定期契約をご契約中で、更新期間以外に10月以降のプランに変更した場合であっても、当該定期契約満了月前月までに解約した場合は、変更前プランの解約金がかかります。
・解約金保留期間中に解約した場合は、保留した解約金のみが発生します。

すでにドコモで契約中の方が新しいギガホ/ギガライトなどのプランに変更すること自体は可能となりますが、2年契約の契約期間を引き継ぎ、かつ”当該定期契約満了月前月までに解約した場合”には変更前の違約金が掛かるようになっているため、プラン変更後の解約のタイミングには注意が必要です。

新料金プランを安く使うための条件

今回発表された料金プランのシステムでは、資料のタイトルに「月額1,980円から利用可能」とアピールされていますが、必ずしもすべてのユーザーのスマホ料金が1,980円になるわけではありません。

2019年10月以降にドコモのスマホ料金を下げたい場合には、以下のような条件を満たす必要があります。

・dカードを持っており、ドコモ携帯料金の支払い方法に設定すること
・ドコモ光のネット回線を契約し、ドコモ携帯回線と紐付けされていること
・ドコモを利用中の家族が3人以上居ること
・利用するデータ通信量(パケット量)を使いすぎないこと

こららの条件を満たして、初めてスマホ料金が月額1,980円になる可能性が出てきます(通話料金・利用するデータ通信の量に応じて、料金は高くなります)。

それぞれの割引の概要は、

dカード → 「dカードお支払割」で月額170円引き(携帯回線に2年契約を必要としない)
ドコモ光加入  「 ドコモ光セット割」により最大月額1,000円値引き(現行プランの場合も同様。割引額はプラン/利用状況による)
家族の人数 → みんなドコモ割」により、最大月額1,000円値引き
データ通信量を少なく抑える → 「ギガライト」プランは、7GBまで低速化せずに使えるが、最安なのは「1GB以下」

ドコモでも他社でも、通話やインターネットを使い放題(あるいはそれに準ずるくらい大容量のプラン)はもっと基本料金が高くなります。

ドコモでは個別の状況に合わせてウェブ上でスマホ料金が計算出来るシミュレーターを提供していますので、慌てて新プランに切り替えるのではなく上記のような「自分が使える割引の条件」を設定して再計算してみてください。

☆「GMO ドコモ光で安くなる料金をシミュレーションする

dカード利用者への優待を強化

従来の2年定期契約の料金と、2019年10月以降の2年契約時の基本料金は同額であるものの、新しく作られた「dカードお支払い割」を使うことで、2年契約をしなくても、2年契約時と同じ料金で使うことが出来るようになりました。

さらに、2019年10月1日より、dカードの年会費が無料化されます(現在は通常1250円、年に1度でも使えば特典として無料になる。dカードGOLDの年会費は変わりません)。

dカードはドコモのウェブ公式サイトの特約店であるため、最新のiPhone11を買うときに使えばポイントを2倍貯める事もできます。

定期契約なしの「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」をご契約いただき、ドコモのご利用料金のお支払い方法をdカード®/dカード GOLD®(家族カード含む)に設定いただいた場合、月額170円割引する「dカードお支払割」を新設します。「dカードお支払割」の適用により、解約金不要で2年定期契約と同じ月額料金でご利用いただけます。また、お客さまにご負担なくdカードにご入会いただけるよう、2019年10月1日(火曜)からdカードの年会費を永年無料に変更します。

dカードはもともと初年度の年会費は無料であり、ショッピングサービスに使っていれば無料で維持する事はできましたが、これからはdカードを作ることのデメリットが一切なくなり、キャンペーン特典やポイントを効率的に貯めることが出来るようになるため、まだ持っていない人はdカードを作る良いチャンスになりそうです。

☆「dカードの新規入会キャンペーン」/dカードはドコモ回線を契約する前でも加入出来ます

dカードお支払割 5%還元キャンペーンも追加

さらにドコモのスマホ料金をdカードで支払い設定をしたユーザーに優待が追加されます。

「dカードお支払割」適用者を対象に、dカード/dカード GOLDによるクレジットカード決済利用額に4%分のdポイント(期間・用途限定)を還元し、通常時の1%とあわせて計5%還元します。

5%還元のキャンペーン期間は2019年10月1日~2020年3月31日まで、特典還元には月間の付与上限もありますが、dカードを持っていて良くクレジットカードを使っているユーザーであれば、実質的にドコモ回線を安く維持できます。

なお、ドコモのニュースリリースで使われている「月額1980円から~」という最安料金にするためには「みんな家族割」や「ドコモ光セット」による割引適用が前提となっています。ドコモ料金を下げるためにはdカードでの支払い以外にも割引を上乗せするいくつかのテクニックがあります。

関連記事:ドコモ新料金プラン(2019)に変える前に知っておく・確認しておくべき15の注意点

その他、2019年10月以降の変更点について詳しくはドコモのニュースリリースを参照下さい(上記は2019年9月17日時点の情報に基づいています。10月以降の提供条件が変更になる可能性もあるため、必ず公式HPにて情報をご確認ください)。

☆「NTTドコモ 報道資料-解約金不要でおトクにご利用いただける料金プランの選択肢を拡充 -「dカードお支払割」を新たに提供し、月額1,980円からご利用可能

ドコモ公式発表 2019年10月1日より新料金プラン提供開始 違約金1000円、新割引「dカードお支払割」登場
Pocket
LINEで送る