Pocket
LINEで送る

Apple AirPodsを始めとする、ケーブルが無く左右のイヤホンパーツが独立した「完全ワイヤレス」形状のイヤフォンでは、よく専用のケースで再充電をした場合に使える「最大利用可能時間」が表記されることがありますが、個人的には「1回の充電でどれだけ長く音楽再生が出来るのか」のほうが気になります。

管理人は1年ほどGLIDICのTW-5000という完全ワイヤレスタイプのイヤホンをほぼ毎日使ってきました。

音質や接続の安定具合については価格の安さ(市場価格はAir Podsの半額以下)を考慮すれば十分に満足できるものであったものの、やっぱり気になるのは「電池の持ち」でした。

TW-5000の場合、イヤホンに内蔵されたバッテリーだけで単独利用できる最大音楽再生可能時間は3時間前後です。また、イヤホンをおよそ2回充電できるバッテリーがケースに内蔵されており、ケースに戻すだけで自動的に充電がされて最大で10時間の利用が可能とされています。

例えば朝夕の通勤通学時間に利用して、日中は使わずケースで保管(再充電)→また帰宅移動中に利用 → 家では使わず保管(再充電)→(繰り返し)、といった使い方であれば”1回の利用可能時間”は確かに3時間もあれば日常利用には問題ないでしょう。

一方で、完全ワイヤレスではないタイプのワイヤレスヘッドホン・ネックレスタイプや耳掛けタイプのイヤホンでは、完全ワイヤレスのイヤホン製品に比べて一般的に何倍も電池が持ちます。

上記写真に写っているBoseのオーバーイヤーヘッドホンならばワイヤレスで20時間以上の連続再生が出来ますし、首掛けタイプのソニーのh.ear in Wireless(MDR-EX750BT)も7時間以上の音楽再生が出来ます。

完全ワイヤレスイヤホンは「軽量で持ち運びが楽、ケーブルが絡まずストレスフリー」という点だけでも魅力はありますが、従来のワイヤレスタイプのオーディオ機器から買い換える場合はやっぱり「もっと電池が持って欲しい」と感じてしまいます。

完全ワイヤレスタイプのイヤホンではほとんどが「電池内蔵のケースとセットで使う」ことが前提として作られており、1回の充電で使える時間は「単独で耳につける」という制約上どうしても短くなりがちながら、製品によって利用可能時間にも違いがあります。

そこで、現在販売されている完全ワイヤレスイヤホンのみの「1回の充電で可能な最長音楽連続再生時間」およびケースを併用した場合の利用時間、そして価格相場をリストにまとめてみました。

以下のテーブルは価格・利用可能時間等で並べ替えも出来ますので、完全ワイヤレスタイプの機種選びの参考に使ってみてください(随時データを追加していく予定)。

製品名/メーカーASIN/型番1回で使える時間
(時間)
ケース併用時
(時間)
市場価格
(円)
Ginova(進化版)B07H3P32CF3906000
TaoTronicsTT-BH05231204000
Apple AirPodsMMEF2J/A52418144
Zolo Liverty+AK-Z20105113.54810000
iKanziB07G57TTDK3606000
Zolo LivertyAK-Z20005113.5248000
Jabra Elite 65tB079L9WYP751522500
Jabra Elite Active 65t B07DFM1KPB51524000
Bose SoundSportB074TCH8D951524000
GLIDiC Sound AirTW-50003107200
GLIDiC Sound AirTW-5000s3109000
GLIDiC Sound AirTW-700092514990
JVCHA-XC70BT-R31214000
Senzer Q20B07K26KBGC6---6400
SONY WF-1000XWF-1000X3918600
SONY WF-SP700NWF-SP700N3920000
SONY WF-SP900WF-SP90031225000
PasonomiB078XYHR833153600
Soundcore Liberty LiteB07CM2LR9H3.5154500
Bang & OlufsenBeoplay E841230000
HAVITB07CZB1P813.5184200
TotemoiB0721XDMWP4284000
EonfineTWS-EH103456300
JBL FREE XB07HRF5NXP42414500
JBL UA SPORTB07KQHK3NS52517000
JBL FREEB075ZXJ9BM42411500
JVCケンウッドHA-ET900BT3910000
NuForceBE Free841614600
ERATOApollo7s3---19500
Jaybird RUNJBD-RUN-00141222000
PioneerSE-E8TW3914000
PioneerSE-C8TW3914000
NUARLNT01-MB51211000
Galaxy Gear IconXSM-R14010117JP51025000
MAVINAIR-X/WE105020000
SOULST-XS SL-20012.5108000
AVIOTTE-D01a4.5168000
SoundPEATSB07K6D61VL4204000
TECKEPICB0791CX3C12.5755000
Erato VerseB075RYJ2LT31516300
NuForceB07CPNKBHT41611000
KeciepoB07JJL4W242.5806000
オーディオテクニカATH-CKR7TW61530000
SOL REPUBLICSOL-EP119534514000
BRAGIB07886S5H76---18500
DEAREARB01MTTVNL92.52011000
ONKYOW800BT31813500
[2018.12.08更新]連続仕様時間は音楽再生モードの場合(一部機種には単独で音楽再生が出来るモデルもあり)

*「市場価格」はリストに追加した時点での一般的なショップでの販売価格(当サイト調べ)です。在庫状況・最新の販売価格・メーカー価格とは異なります。メーカーの型番が明確に分かるものは型番、アマゾンでしか売っていなさそうなアイテムの「ASIN」はアマゾンでの固有番号となりますので、「アマゾンの商品検索」で探してみてください。

また、利用可能時間は各製品の商品紹介ページにあったデータから抽出しており、利用状況・環境により実際の利用時間とは異なるはずです。

通販サイトでは海外製品で少しロゴが違うだけ・OEMの類似のものが多く出回っているケースも見られました。ここでは音楽再生可能時間だけに注目していますが、実際の音質や操作性・機能性も当然製品ごとに違いますので、完全ワイヤレスイヤホン選びの際はいろんな情報を検討して買うことをオススメします。精密機器ですので、壊れやすい・不良品も多いようです。

電池長持ち1位は「MAVIN」

2018年12月時点で数え切れないほど多くの完全ワイヤレスタイプのイヤホンがありましたが、当サイトの調べでは1回の充電で最も長く使える製品は「MAVIN」というメーカーのイヤホンのようです。日本国内ではソフトバンクとアマゾンが正規代理店として取り扱っており、ソフトバンクセレクションにも在庫があります。

 

マービンのAir-Xは、1回の充電で最大10時間の再生+ケースで4回分の充電=最大50時間の利用が可能とされています。これは一般的な完全ワイヤレスイヤホンの2倍くらいの数値です。

イヤホンのみでの重量は各4.5グラムですので、他の製品に比べて特別に大きなサイズというわけではありません。また、一般的なBluetooth接続機器は見通しで10メートルくらいの距離まで接続状態を維持しますが、この製品は30mまで届くそうです(実機を買ってみましたので、後日レビューします)。

ナノコーティング防滴仕様にもなっており、長時間のスポーツ時にも比較的安心して利用が可能ということです。販売価格は現時点で2万円ほどとなっているためやや高めながら、1回の充電で長く使いたいというユーザーには向いているかもしれません。

☆「Marvin Air-Xをみる

GLIDiCの新型 TW-7000も長持ち

管理人が使っているTW-5000の2018年冬発売予定の上位モデル、TW-7000も1回の充電で9時間という長時間再生が可能とされています。

このTW-7000では急速充電に対応しており、ケースに10分入れて充電するだけで2時間の連続再生が可能になるとしています。充電切れからの回復が早いというのは魅力です。

価格面でもマービンのAIR-Xより3割ほど安く、2018年12月21日発売予定時点の価格は1.4万円ほど。ただ旧モデルの約2倍という価格は少し気になります・・・連続再生を重視するならTW-7000を、取り替えて使うのならTW-5000を同じ予算で2個買って交互に使うという手もあるかもしれません。

☆「GLIDiC Sound Air TW-7000

 

[2018年12月版]完全ワイヤレスイヤホン 1回の充電で長持ちするイヤホンランキング
Pocket
LINEで送る