Pocket
LINEで送る

SNSでの写真共有を発端とし、2014年に大ブレイクした「自撮り棒・セルフィースティック」ですが、安全面への配慮から使用禁止を発表する施設や観光地・イベントが出てきています。

人が多いところで長い棒を振り回したり、固定したはずのスマホが外れてしまって展示品などにぶつかってしまう事故を防止するためには自撮り棒の禁止も止む方無いところです。有名どころでは海外のディズニーランドが禁止されました。日本ではまだ大丈夫のようですが、国内のディズニーリゾートも遠からず禁止になりそうです。

でもやっぱりスマホで記念写真を撮りたい、という方には新しい自撮り用アクセサリーのカテゴリーとして「スマホ用広角レンズ」の使用をオススメします。

「広角レンズ」というのは一般的にはレンズを用途に合わせて取り替えて使う一眼レフカメラに使われるものです。管理人も広角レンズを最近購入しました。一眼レフ用のレンズは安くても数万円はしますが、スマホ用の広角レンズはもっとリーズナブルですのでご安心を。

広角レンズを使うことで、カメラを同じ位置において撮影しても、カメラを遠くに離したような広い画角の写真が撮れるようになります。

Hamee セルカレンズ 0.4x スマホ カメラ レンズ 広角 ワイド クリップ セルフィーレンズ / シルバースマホ用の広角カメラはこのような「クリップ式」になっているものがほとんどです。スマホのカメラレンズを取り替えるのではなく、その上にレンズを重ねて使います。メガネを掛けて虫眼鏡を使うようなものですね。

0.4倍のレンズを使って自撮りの集合写真を撮影すると、こうなります↓

Hamee セルカレンズ 0.4x

レンズを着用することで写る人の大きさは小さくなりますが、レンズ無しでは見切れてしまっていた両端の人物や風景を1枚に取り込んだワイドな写真に仕上がります。

この写真例のように、自撮り棒とセットにすることも可能で用途は様々。場所が限られていて後ろに下がることが出来ない状況でも、建物や風景を広く映し込むことでプロっぽい写真になります。

丸いレンズを利用することで広い範囲の風景を写すため、外側の部分は多少歪みます。それでもこの価格で広角写真をお手軽に楽しめるというのは良いですね。取り付けレンズ自体は小さなものなので、いつでも持ち歩けて必要なときだけクリップで挟んで使えます。

自撮り棒禁止な場所でも自撮りができる、スマホ用広角レンズ
Pocket
LINEで送る