2020年4月24日発売(キャリアでは5月11日発売)のアップル iPhone SE2 (第2世代)に使えるガラスフィルムについて、「旧モデルとの互換性」・「対応品を販売している正規ショップ」を解説します。

2020年の新型iPhone SE (第2世代)は、2017年モデル以前の「4.7インチ」のディスプレイデザインが再採用されました。


(4.7インチのiPhone 左は7,右がSE2 )

一方で、2016年型の初代iPhone SEとはサイズが異なるため、ケースや保護フィルム・ガラスフィルム・プロテクターなどのアクセサリー使いまわしが出来なくなっています。


(左 iPhone SE(第1世代)、右が第2世代)

初代のiPhone SEに合わせて作られた保護フィルム・ガラスフィルムがiPhone SE2に使えないことは一目瞭然ですが、同じ4.7インチサイズのiPhone 6/6s/7/8のために作られたガラスフィルム・画面プロテクターの製品についても、一部装着に不具合が確認されている製品があるとの報告が相次いています。

iPhone SE2と旧モデルのiPhone 8以前の4.7インチモデルでは、「ディスプレイの表示サイズ」自体は全く同じ大きさです。しかし、ボディに使われている素材・パネルそのもののロットが変わっている可能性があり、微妙にサードパーティ製品(アップル社外品)のアクセサリーがiPhone SE2にフィットしないのかもしれません。

このiPhone 8までの4.7インチモデルとiPhone SE2のディスプレイガラスの作りの違いはiPhone用のアクセサリーメーカーも把握していることです。

ガラスフィルム製品の場合、特に作りがシビアになり、ぴったりと製品に合わせて作られたものでなければ、気泡が入りやすくなったり・画面の隅までくっつかないという不良品が生じることも多く、ガラスフィルム選びが難しくなります。

ここで重要なのは、「iPhone8までの製品がiPhone SE2で使えるかどうかは、その製品次第である」という点です。iPhone 8(および7/6s/6などの同サイズ型機種)用の製品がすべてiPhone SE2に互換性が無いという意味ではないので、iPhone SE2と一緒にアクセサリーを買う際にメーカーの表記に注意しなければなりません。

Apple純正 iPhone SE2用のフィルムと種類

2020年4月24日時点において、iPhone SE(第2世代)に利用できる(互換性)があるとされている、アップルの純正品フィルムは「Belkin」というメーカーの製品のみとなっています。

 

4月24日時点で本製品はアップルオンラインストアでも売り切れており、購入が出来ない状態となっています。

他のiPhone向けにはアップルがガラス製のフィルムを含めて複数種類のディスプレイ保護アクセサリーを販売していますが、iPhone SE2に使えるガラスフィルムは入手できない状態となっています(2020年5月10日時点も購入不可)。

なお、Belkinのフィルムは1枚あたり価格4,380円(税別)となっています。

キャリア・一般ショップではもっと安いiPhone SE2専用ガラスフィルムが販売されています。

キャリアが販売するiPhone SE2用ガラスフィルム

iPhone用のアクセサリーは、アップルストア以外だとau・ソフトバンク・ドコモなどの携帯ショップで買う事もできます。

携帯ショップ各店舗によって扱われる製品は異なる可能性がありますが、2020年4月時点において、auは公式のオンラインサイトでiPhone SE2用のガラスフィルムを取り扱う予定が掲載されています。

 

auで発売するiPhone SE2用の保護フィルムは5種類(うち1種は色違い)が予定されています。

フィルムの種類 販売価格
フルスペック高光沢タイプ 1,980円
保護ガラス 3,080円
3D保護ガラス(ブラック・ホワイト) 5,280円
3D保護ガラス(のぞき見防止) 5,720円

(各税込み、2020年4月25日時点。税別2,500円以上の購入で送料無料)

auの公式フィルムは、それぞれiPhone 8と互換性があります

au+1 collectionの正規品対応サービス品であれば、ガラスフィルムが浮いてしまった・割れてしまったという場合でも購入日から30日間以内に1回まで交換が出来ます(保証サービス規約あり)。

ドコモのiPhone SE2用純正ガラスフィルム

NTTドコモは2020年5月8日より、新型iPhone SE対応のガラスフィルム販売を開始しました。

ドコモでは「docomo select」というオリジナルブランドの各種アクセサリーを作成・販売しています。他通販で売っている格安アクセサリーに比べるとちょっと価格は高めなものが多いですが、iPhoneを取扱うキャリアならではの各メーカーと設計段階から打ち合わせが可能であることから、デバイスにぴったりの製品を作ることが可能になっているという強みがあります。

フィルムの種類 販売価格
ガラスフィルムハイグレード 2,750円
全面ガラスフィルム(ブラック・ホワイト) 2,530円
全面ガラスハイグレード(ブラック) 3,520円
衝撃吸収フィルム(PET)
高光沢/反射防止タイプ
各1,430円
ガラスフィルム/ブルーライトカット 1,760円

(各税込み、2020年5月9日時点。税別2,500円以上の購入で送料無料)

☆「ドコモ公式サイト iPhone SE用アクセサリー

ドコモセレクトのガラスフィルムは多くがiPhone SE専用に浮きがでないようにするため、縁を覆わない・ディスプレイ面の一部をカバーできない設計になっています。

2020年5月9日時点において、ソフトバンクの公式アクセサリーショップにはまだiPhone SE2用のフィルム・アクセサリーの取扱情報はありません(発売日である5月11日までに追加される可能性があります)。

サードパーティ製のフィルムをiPhone SE2に貼る場合

アップルやキャリアが「iPhone SE2対応」としている製品以外を使う場合、なかなかiPhone SE2にぴったりと貼り付けられるガラスフィルムを探し出すのは困難です。

 

社外品だと、「iPhone SE2対応」と書かれていても、上記のように隅が浮く・縁が接着しない不良品が多く含まれています。

これはiPhone SE2のディスプレイガラスの縁がなめらかにカーブしているためであり、ここを覆うサイズに作られたフィルムだと、製品のクオリティにより浮きが出たり出なかったりします。

また、このような浮きを回避するため、もともと縁をカバーしない・小さく作られた製品もあります。

困ったことに、全く同じ製品を買っても浮いたり浮かなかったりする(製品のクオリティにバラツキがある)ため、交換保証のある純正品以外は現時点でオススメ出来るガラスフィルム製品はありません(管理人が使っているフィルムで浮きの出なかった製品もあるのですが、iPhone 6s用として数年前に海外購入したものであるため、すでに販売終了済で入手不可)。

隅が浮いていたとしても実用上はほぼ問題ない(浮きやすい隅はディスプレイ表示領域外であるため)とも言えますが、フィルムの浮きが気になる場合は、ガラス素材ではなくPET(ポリエチレンテレフタレート)フィルム素材(柔らかめの素材)か、縁自体が目立たないフルスクリーンタイプ(ディスプレイ領域以外のフレーム部分があるフィルム)を選ぶのが良いかもしれません。

PETフィルムタイプの場合、フィルム自体がなめらかに曲がるため、iPhone SE2の縁部分のカーブしたデザインにぴたりと張り付くことが期待出来ます(アップル純正品のBelkin InvisiGlass Ultra Screenがこのタイプ)。

ガラス素材のフルスクリーンタイプは、auが販売する予定の製品にもあります。

このタイプはiPhoneのベゼル部分に相当する領域も色のついたカバーで覆うことになるため、(仮に浮いていたとしても)エッジ部分の浮きが見えることはありません。

このような「フルカバータイプ」は社外品ならアマゾン等でも買えます。

☆「iPhone SE 第2代 (2020)/iPhone8/iPhone7 ガラスフィルム Itayak 全面保護 目の疲れ軽減 3D フルカバー 液晶保護フィルム

純正品以外は製品の品質のバラツキの問題があるため、レビューや口コミなどをよく確かめて買うほうが無難です。

iPhone SE2で検証済みとされるガラスフィルム

こちらのDeffのガラスフィルムはiPhone SE第2世代で貼り付けチェック済みとされています。

フィルムメーカーでもやはりiPhone 8までのモデルとiPhone SE2のガラス面の違いを確認しており、浮きがでないように生産レベルで対策がされているようです。

☆「Deff(ディーフ)実機装着確認済み 強力吸着タイプ TOUGH GLASS 3D for iPhone SE(第2世代)

Apple Care+をつけてフィルム無しで使うのもあり

Appleではハードウェアの保証を2年間に延長し、画面割れや電池交換などの費用を通常より安く行うことが出来ます。

iPhone SE(第2世代)の場合、Apple Care+の追加料金は8,800円(税別)です。この料金は他のiPhoneより安めです。

Apple Care 過失や事故による損傷に対する修理などについて、画面の損傷は1回につき3,400円(税別)、そのほかの損傷は1回につき11,800円(税別)のサービス料がかかります。盗難または紛失については、1回につき11,800円(税別)のサービス料がかかります

Apple Care+に加入していれば、画面を割ってしまっても3,400円(税別、2年間で2回まで)で交換出来ます。高めのガラスフィルムを貼るよりも、画面自体を交換してしまったほうが安いことすらありえます。

Apple Care+ではバッテリーの修理保証などもありますので、ぴったりと張り付くかどうか判らないガラスフィルムを何枚も買うくらいなら、Apple Care+に加入してフィルム無しで運用することも検討すべきかもしれません。

Apple Care+の保証はiPhone SE2の購入時および、購入後30日以内にデバイス・Appleのサイト等から加入が出来ます。

iPhoneSE2用ガラスフィルムはどこで買える?(第2世代,2020) 縁が浮かない/キャリア販売品
Pocket
LINEで送る