Pocket
LINEで送る

新しいスマホを購入したらとりあえずベンチマークテストをやらないと気がすまない派なので、お馴染みのAntutu Bench markを測定してみました。

Antutuアプリは12月12日時点の最新バージョン(v6.2.6)です。トータルスコアは1回目81,628点・2回目81,156点でした。ZenFone3 UltraにはSnpadragon 652 オクタコアCPUが搭載されているため、まずまずの高スコアです。

スコアだけでの比較であれば2016年夏・冬モデルのハイエンドモデル(Snapdragon 820/821)の 6割程度、2015年夏モデルのハイエンドモデル(Snapdragon 810)と同等かやや上くらいでしょうか。

*ベンチマークのスコアが高い・低いからと言ってスマホやタブレットの実際の動作が快適であるかどうかは別問題です。通常はおよその処理能力に対する目安にはなりますが、スコアの割にスムーズに使えない機種・過熱時に処理能力が落ちるモデルもあります。以下のスコアはあくまで参考用としてご利用ください。

ベンチスコア詳細

Ver6.2.6 Zen3Ultra Nexus6
honor6+
トータルスコア 81156 75212 54380
3D トータル 19712 26146 10119
3D Garden 8065 9429 4630
3D Marooned 11647 16717 5489
UX トータル 28752 20759 18864
Data Secure 5053 4881 4760
Process 4258 2109 2464
Strategy Games 7585 4348 4015
Image Process 8517 6818 4378
I/O Performance 3339 2603 3247
CPU トータル 25647 20349 20778
Mathematics 7251 7068 4558
Common Use 6443 6151 6270
Multi-Core 11953 7130 9950
RAM 7045 7958 4619

せっかくなので画面の大きなスマホ Nexus6(5.97インチ)・honor 6 Plus (5.5インチ)も測定してみました。

ZenFone3 UltraはRAMに4GBを積んでいるはずなのですが、システムでは3.5GBと表示されます。Antutuのアプリ上でも3617MBと表示されており、あまりスコアも良くないですね・・・。

ZenFone3 Ultraのメモリ容量(RAM)は平均して2.0~2.2GBほどを仕様しており、空き容量は1.4GBほどと表示されています。実際のマルチタスク動作に遅延を感じることはないのですが、システムが占めるメモリーがやや大きいのでしょうか。メモリの空き容量は3GBモデルであるNexus6やhonor6 Plusと変わりません。

Antutuアプリのベンチテスト中に表示される3Dアニメーションの様子では、スコア相応にかなりスムーズに表示されます。目立つようなカクつきはありませんが、Snapdragon 820/821や A10チップ搭載のiPhone7/7 Plusのほうが滑らかに感じました(スコアとしても断然iPhone7のほうが上)。Snpadragon 805を搭載したNexus6とは同等、Kirin 925搭載のhonor6 Plusは一昔前のモデルであるためさすがに高性能機種と比べるとカクツキが目立ちました。

ZenFone3 UltraにはNeed for Speedというカーレースゲームがプリインストールされており、試しにプレイしてみたところではかなりキレイに動作しました。3Dレースゲームは高い処理能力を必要とするアプリなので、これがスムーズに動くことからほとんどのゲームは問題なくプレイ出来るレベルの処理能力を持っていると言って良いでしょう。

ちなみに今回測定した3台の私の購入時価格は以下の通りです。

・ZenFone3 Ultra 「楽天モバイル楽天市場店」にて購入 32,800円 (音声回線契約セット)
・honor6 Plus 「楽天モバイル」にて購入 9,800円(税別・データ回線契約セット)
・Nexus6 XT1100 「エクスパンシスicon」にて輸入 45,000円(関税・送料込み)

*購入価格・条件はすべて当時のものです。


[レビュー]国内版ZenFone3 Ultra(ZU680KL) Antutu ベンチマークスコア測定結果
Pocket
LINEで送る

Tagged on: