Pocket
LINEで送る

docomoから発売中の人気コンパクトスマートフォン SONY Xperia X Compact SO-02Jでは、購入時の支払い負担を大きく減額出来る「端末購入サポート」というシステムが導入されています。従来であれば2年間の割引(および端末代の分割支払い)終了後にスマホを買い換えようという人が多かったと思いますが、端末購入サポート適用時には2年を待たずに機種変更が可能となります。

端末購入サポートは「回線の契約」以外に少しだけ特殊な機種購入に関わる契約条件が追加されることになるため、その割引の性質・ルールを把握しておくことがスマホ代金節約の重要なポイントとなります。

ドコモのスマートフォン・携帯では通常新しく端末を購入すると「月々サポート」という毎月の値引きが2年間継続して適用されてきました。この場合に月々サポートが終了するタイミングで機種変更をするケースが多かったために「2年間で機種変更をするとちょうど良い」というイメージがあるはずです。

一方で、端末購入サポートでは従来24ヶ月間に分割して値引きされた総額を、購入時に一気に値引きしてくれます(詳しい購入サポの説明はこちら「ドコモの端末購入サポート 割引システムと違約金」で解説しています)。

2017年2月1日から割引増強

Xperia X Compactの機種変更の場合なら、月々サポートと端末購入サポートに以下のような変更がなされています。

SO-02J 2017年1月31日まで 2017年2月以降
機種定価 63,504円
購入時の割引 -5,184円
(春のおとりかえ割)
-47,952円
(春のおとりかえ割+
端末購入サポート)
月額割引 -1,539円×24回 0円
実質負担額 21,384円 一括15,552円

2月1日から一括値引きへの変更とともに2年間の総額負担も安くなりました。月額割引は0円になりましたが、過去の2年間割引額上回る金額の端末購入サポート割引が受けられるため、お得に買えます。

☆「ドコモ Xperia X Compact SO-02Jの詳しい価格・料金をみる

端末購入サポート利用時、次に機種変更出来るタイミング

こう書いてしまうと語弊があるのですが・・・これまでの2年の月々サポート適用時でも、そして端末購入サポート適用時であっても、どうしても機種変更をしたいのならいつだって機種変更をすることは出来ます。ただし、それは賢い行為ではありません。

月々サポートの場合は「2年以内(月々サポート継続中)に変更すると、割引が終わってしまうという理由、そして端末購入サポートの場合は指定期間内に機種変更(および対象外プランへの変更・回線の解約・休止など)を行うと、「割引解除料」が発生するのが勿体無いと考えられている理由です。この2つはシステムは違いますが、性質的には似たものです。

月々サポートを終了させる】 → 分割して受けていた割引を、満額受けられない
端末購入サポートの継続条件から外す】 → 購入時に割引された代金を、支払い直さなければならない

こう言いかえると分かりやすいでしょうか。

Xperia X Compactの場合、端末購入サポートの適用条件を契約期間内にはずしてしまうと新規/MNPの場合は23,976円、機種変更の場合は21,384円の割引解除料が設定されています。これは携帯電話回線の2年契約(自動更新されるアレ)の違約金とは別途で「端末の購入」に関わる違約金だと考えれば良いでしょう。

2017年2月12日時点の端末購入サポート適用条件の契約期間(ドコモでは「規定利用期間」と言います)は以下の通りに設定されています。

購入日(開通を伴う場合は開通日)の翌月1日から起算して12か月 /※購入日(開通を伴う場合は開通日)が1日の場合は、当月から起算します

例えば2017年2月10日に購入していれば、「2017年3月1日を1ヶ月目」としてカウントし始め、12ヶ月目となる2018年2月末までが割引解除料発生期間となります。つまり割引解除料が発生しなくなるのは2018年3月1日以降ということになります(期間中に対象外プランへの廃止予約をして、満了と同時に変更してしまうと解除料が発生するので注意)。

同じように、

・2017年2月2日~2月28日に購入 → 次の買い替えは2018年3月1日以降
・2017年3月1日に購入 → 次の買い替えは2018年3月1日以降

・2017年3月2日~3月31日に購入 → 次の買い替えは2018年4月1日以降
・2017年4月1日に購入 → 次の買い替えは2018年4月1日以降
・2017年4月2日~4月30日に購入 → 次の買い替えは2018年5月1日以降

こうなります(2017年2月時点の端末購入サポート提供条件に基づき計算しています。条件は変更されたこともあるので、必ず契約前に最新の利用規約を確認してください)。

実際の利用期間はパソコン・スマホ画面のMy docomo(ドコモのサポートに電話しても聞くことが出来ます)から確認出来ます。

機種変更後は端末の利用期間も更新されているはずですので、各自で更新の正確なタイミングを知っておくことは次の機種変更を最短で行うために重要です。

より詳しい説明は公式サイトのキャンペーン仔細を参照ください。

☆「ドコモ 端末購入サポート

このように、端末購入サポートを適用した場合は最短で約365日(朔日起算の場合)・最長で約390日くらいは同じ機種で使い続けることを約束して使うことになります。逆に言えば、それを超えればまた機種変更をすることが出来ます。端末購入サポートの対象機種では今までの「2年で買い替え」よりも早いタイミングでまた割引を使ってスマホを買い換える事ができるので、考えようによっては月々サポートよりもお得と言えるのです。契約・機種変更のスケジュールを良く考え、上手く運用することが節約のポイントということですね。

最近のドコモでは比較的新しい機種も発売からそれほど時間を置かずに端末購入サポート対象に入れられるようになったため、1年でどんどん新しい機種に買い替えて最新の端末を試したい・バッテリーが劣化する前に新調したいという人にこそ、Xperia X Compactなどの端末購入サポート機種で機種変更をすることをオススメします。

☆「ドコモ Xperia X Compact SO-02Jをみる

ずっとドコモを使い続けけていけば、毎月の料金が値引きされる「ずっとドコモ割」も強化されていきます。


ずっとドコモ割コース(従来通りの2年自動更新)にしておけば、端末購入サポートの適用条件である各種データプランも割引条件に入っています。割引額は選択するプラン・継続年数によって変化しますけれど、月々サポートの無いXperia X Compactの端末購入サポート適用時でも、ずっとドコモ割による月々の負担減額は受けることが可能ですので、今後も端末購入サポートを使ってどんどん新しい機種を使っていきたい人は、自動更新コースを選ぶことをオススメします。

さらに、FOMAケータイからスマホデビューする人は「はじめてスマホ割」、学生の場合は「ドコモの学割 2017」によっても月額割引を期間限定で受けることが可能です。購入時だけでなく毎月の支払いも安いほうが良いな、という人は実施中の各種割引を最大限に活用しましょう。

☆「ドコモ 実施中のキャンペーン一覧

ドコモの公式オンラインショップでスマホ機種変更を行うと、事務手数料が無料(Xi→Xi, FOMA→FOMAの場合)になりオトクです。多くのドコモショップで掛かる頭金(5000円~8000円)も0円、自宅配送料0円です。オンラインショップ限定のキャンペーンも実施中なので、何時間もムダに待たされるショップでの購入より時間もお金も節約になります。

初めてドコモのオンラインショップを使う方は、以下の解説も一読してみてください。

☆[初心者向け]ドコモオンラインショップで機種変更をするメリットとお得度・便利度を比較

ドコモ Xperia X Compact SO-02J 端末購入サポート適用後、次に機種変更出来るのはいつ?
Pocket
LINEで送る

Tagged on: