Pocket

学生(18歳以下・25歳以下)およびその家族がスマートフォンを1年で最も安く・お得に買えるキャンペーンの一つ、「学割」。2017年も各社が競って学割キャンペーンを展開してきましたが、それも今月末で終りを迎える予定です。スマホの買い時であった春休みやゴールデンウィークに忙しくてスマホを買い換えられなかった学生がいる家族は、このチャンスを逃さないように駆け込み機種変更を検討すべきです。

携帯販売において実施されるさまざまなキャンペーンでは適用期間が延長されるパターンもありますが、例年通りであれば学割が延長されることはありません。同じ割り引きが別のキャンペーンとして全く同様に展開されることもありませんので、この機会を逃さないようにしましょう。

5月を超えて6月1日に入ってからの契約・プラン変更では、学生のスマホ料金は実質値上げされてしまうようなもの(無論、学割が関係ない人・対象外のプランでは関係無いことです)。実際には「学割期間が特別に安かった」という話なのですが、一度安くされた料金を見てしまった後だと、安い料金の方を基準に考えてしまうのは人間の性というものです。

では、改めて2017年版携帯会社の学割内容と適用条件をおさらいし、学割の有無でどれだけおトク度が変わってしまうのか、ざっくりと再確認を行いましょう。

auの2017年学割

今年のauが打ち出した学割のキャッチフレーズは「auの学割天国」でした。今年の1月から受付が始まり、終了予定は2017年5月31日となっています。

auの学割天国は大きく分けて以下の4種類のキャンペーンがありました。

・18歳以下ならデータ・通話コミコミで月額2980円~の「学割天国U18(新規契約向け)
・25歳以下なら大容量プランが値引きされる「学割天国U25(全契約種別)
・25歳以下ならauスマートプレミアムパス/うたパスが2017年中 実質無料(新規加入限定)
・25歳以下の家族と一緒に買い替えでiPhone7も含む機種変10,800円引き(機種変更向け)

これらの割り引き・特典適用にはすべて2017年5月31日時点で条件を満たしている必要があります(詳しい適用条件・割り引き内容を書き出すときりが無くなるので、仔細は公式サイトを参照下さい)。

特に割引額が大きいのは1つ目の「学割天国U18」です。U18のみが利用できる専用プラン「U18データ定額20」が契約できる期間中にスマホデビューを検討しましょう。

auの学割は公式オンラインサイトから申し込みが可能です(手続きを進めていくと、「学割のお申し込み」というチェック項目があります。ただし「U18データ定額20」はオンラインショップでは申し込めません)。詳しい適用条件もそちらにすべて書かれていますので、適用できる割り引きを余さず使えるようにチェックしてから申し込みましょう。

☆「au Online shop

ソフトバンクの2017年学割

ソフトバンクの2017年学割キャッチフレーズは「Super Student」。ソフトバンクの学割キャンペーンは主に3種類ありました。

学割モンスター U18(新規契約限定)
学割モンスターU25(機種変更も対象)
SUPER FRIDAY特典倍増(*2017年4月28日に終了済み)

前項のau学割と非常に似通った内容で、18歳以下の期間中に専用のプラン「データ定額20GB(U18)」を契約し、光セットまで適用すると最安月額2980円~から利用できるというキャンペーンや、25歳以下でも大容量プランの料金値引きがあります。

また一種の社会現象的なブームを巻き起こしている、スマホ契約者が提携店で受けられる特典(アイスクリームやドーナツ店など)の倍増など、料金値引き以外の日常でちょっぴり嬉しいお得な特典が盛りだくさんでした。

これらもすべて2017年5月31日で受け付け終了予定とされています。ソフトバンクの学割もオンラインショップから適用が可能です(光セット割の同時申し込みは店頭のみとなります)。

☆「ソフトバンクオンラインショップ

ドコモの2017年学割

ドコモの場合は特別なキャッチフレーズはありませんが、最安のプラン・契約種別条件を適用すると月額800円からスマートフォンを持つことすら可能な、「ドコモ はじめてスマホ割」との重用が可能です。

ドコモの学割では「18歳以下」という区切りはなく、全ての特典は25歳以下であることが条件の一つとなっています。

月額1000円×最大1年間割り引き(新規契約限定)
・ウルトラパック加入で最大12,000円相当ポイント還元(既存ユーザーも可)
・提携店で特典が貰える「ゴチ4」クーポン
・対象サービス利用で2017年8月まで毎月500ポイント還元

ドコモの学割も他社と同様に2017年5月31日で受付が終了となります。学割・ポイント還元でそれぞれ12,000円相当の値引き上乗せが終わってしまいますので、適用条件に当てはまる家族がいる場合はプラン変更・乗り換えを考えるべきでしょう。

ウェブサイトから申込む場合は学割適用者の利用登録が必要です(すべてウェブ上で出来ます)。親の名義で子供の回線として学割を適用させたいのなら、忘れず利用者登録をしてからプラン変更手続きを行いましょう。ウェブで確認書類のアップロードを行えばすぐに出来ます。

☆「ドコモの学割(2017)の申し込み・適用条件確認はこちら


各社の学割締め切り間近になるとショップ・登録システムが混雑する可能性もありますので、申し込みが間に合うようにスケジュールには余裕を持って契約を行いましょう。

☆ドコモの簡単オンライン注文手順まとめ

2017年5月31日学割終了 期間延長はある?ドコモ・au・SBの適用期間を確認
Pocket