Pocket
LINEで送る

Apple iPhone8 Plus(5.5インチ)の画面を保護するため、ディスプレイ表示部だけでなくホームボタン回り・エッジ部分まで丸ごとカバー出来る全画面タイプのガラスフィルムを購入して貼ってみました。ちょっと気になるところもあるのですが、低価格で貼りやすい製品だったので全画面タイプのフィルムを探していた人は参考にしてみてください。

今回購入したのは「Ziptrue」というショップがアマゾンで販売していた、ディスプレイ部分はガラス素材+周辺は柔らかい炭素素材で作られた二重構造のフィルムです。

カラーはブラックとホワイトがありましたが、iPhone 8 Plus ゴールドカラーに合わせるため今回はホワイトを買いました。

フィルムのパッケージは英語のみで簡素なものです。値段が安い代わりに貼り方の解説なども日本語ではありませんでしたが、特に貼り方が難しい製品ではありませんので問題ないでしょう。

中にはガラスフィルム本体1枚と、この手のガラスフィルムでお馴染みのゴミ除去用シール・掃除用ペーパー・クロスが付いています。

フィルム単体の重さは約9グラムです。特別に肉厚・薄型というわけではありません。

本製品は「全画面フィルム」であるため縁までぴったりと覆うことが出来ますが、縁の外周1mm程度の範囲には粘着力がありません。iPhone 8 Plusのディスプレイガラsうは2.5D仕様になっており、エッジ部分がカーブしているため粘着力があったとしても浮いてしまう製品ばかりなので、ここは妥協しなければならないようです・・・

ホームボタン回りにも接着剤は塗布されていないようです(*写真はフィルムの境目がわかり易い用に光の具合を調整しています)。

できれば縁もくっつくタイプが欲しかったのですが、とりあえず貼ってみました。

サイズはiPhone 8 Plusにぴったりになっており、貼付け後も違和感のないデザインです。ガラス部分の指すべり・操作も問題無く、快適に利用が可能でした。

貼り付けの難易度はギリギリまで保護するために余白がないため、位置合わせがやや難しいです。少しでも上下左右にずれると一方が浮きやすくなったり、ボタン・カメラ位置の穴のズレが気になります。貼り直しはある程度までは可能(ホコリが入らなければ)です。先述のとおり外周部分が1mmほど粘着力が無いタイプなので、貼り直し時に安全に離すことが出来ます。

気泡が入ることもなく、簡単に貼れます。ただ、極わずか(幅0.2mmくらい・長さも数mm)にガラス素材と炭素素材の境目のあたりが密着しきれていない箇所が残りました。写真では写らないレベルですので・・・許容範囲だとは思います。


エッジ部分もぎりぎりまでフィルムで保護が出来ています。このくらいなら「ワイヤレス充電対応の薄型TPUケース」との干渉もなく、狙い通りでした。外周には粘着力はありませんが、指で引っかかるような浮きは生じていません(貼り付け位置がズレていると、出っ張りを感じることがあります。ど真ん中に貼れるように頑張りましょう)。

フロントのカメラ・スピーカーの位置合わせも問題ありません。5回くらい微調整のため貼り直しましたけど(笑)

透明なケース+ホワイトの全画面タイプのガラスフィルムで、iPhone8全体を保護した状態です。オリジナルのデザインを活かしつつ、すっきりとした状態になって満足です。炭素素材の柔らかい外周フィルム(表面は違和感のないツルリとした手触り)は、傷は付きやすいかもですが簡単に割れることもないでしょう。

なお、このフィルムは「iPhone 7 Plus/ iPhone 6s Plus」でも全く同じデザイン・サイズであるため使えるはずです。

☆「Apple iPhone 8 Plus(5.5″)用  Ziptrue 全画面ガラスフィルムを見る

2017年モデルのiPhone8, iPhone 8 Plusは発売直後から在庫が比較的豊富です。従来モデルでは大画面のPlusモデルは品薄になりがちでしたが、今なら各キャリア版ともにすぐに買えますので、古くなったiPhoneから機種変更するのなら各種発売記念キャンペーン・割引を活用して安く手に入れ、ガラスフィルム・保護ケースを使って安全に使いましょう。

☆ドコモオンラインショップで注文する

☆au Online shopで注文する

☆ソフトバンクオンラインショップを見る

iPhone8 Plusに全画面ガラスフィルムを綺麗に貼る 炭素素材+ガラスの二重構造タイプを試す
Pocket
LINEで送る

Tagged on: